2006年01月04日

第82回箱根駅伝・復路/今年も箱根の「タイトロープダンサー」東洋大

毎年毎年、新年からそんなに心臓に負担かけさせてくれなくてもいいです・・
東洋の優勝が先か、オレが墓場に行くのが先か・・

最終総合順位10位。シード権ギリギリ確保。11位城西大との差、わずか10秒。
ゴール後、10位のくせしてテレビの前で万歳三唱してたのは勿論秘密だ!

芦ノ湖スタート時点で7位だった順位が、6区山下りで末上が2人抜いて再びトップ5に出現。
なんかこの山下りはいつもいいようなイメージがあるが気のせいか?
小田原での11位との差、4分14秒。+1分49秒。普通なら楽々安全圏入り。

そして、この小田原5位通過がある意味最後とも言える活気ある姿になるとは・・トホホ。
とは言え、7区も地味に6位をキープして平塚に飛び込んでるんだよな。
またこの区間で併走したのは、よりによって優勝したあの亜細亜。
平塚の手前で東洋をおいていった亜細亜が優勝、置いてかれた東洋がボーダーライン、なんだから。
平塚での11位との差、2分40秒。−1分34秒。貯金を潰す。ま、芦ノ湖とほぼ同タイムに戻っただけ。

そして8区。ここから東洋の自作自演劇が開幕・・!<余計なことするな
1年生松尾がやってもうたの区間18位。
もちろん順位は徐々に下がり、それにつれテレビに映る回数も減り、定点で確認するたびにひとつまたひとつ順位を落としていく東洋。
映像がなく様子はうかがえないが、明らかに遅い!
戸塚到着時、ありえないと思っていたシード権ギリギリの10位へ。沈没寸前
戸塚での11位との差、1分29秒。−1分11秒。それでも貯めに貯めた貯金が効いてる。
あと40qあまり。普通に走れば十分キープできるタイム差・・・のはずが。

9区今堀が一旦は9位早稲田に追いつき粘走を見せ、ナイスリカバリー!と思ったら、終盤いつの間に振り切られ、その後はダダ滑りの区間17位。
往路14位の日体、大東にも抜かされ、鶴見直前で映ってみれば、驚愕の12位・・・!!
ボーダーラインどころか2つ喰わないと上に生き残れないという、まさに想定外の事態に。
最大4分あった貯金をその後わずか60qほどで使い切るとは・・
ちなみに4分強となると距離にして約1.3q程度。新幹線車両が50両以上と言ったところ。

最終10区を前に10位日体大との差は20秒。
20秒ってのは縮まるときには一気に縮まるし、でも流れが悪いときには一気に拡がる実に嫌な秒差。そして、この時の流れはボーダーライン校の中では間違いなく東洋が最悪

が、10区を走ったキャプテン渡辺はだった!
多摩川を渡り蒲田までに10位に飛び込むと、品川では9位日体大をとらえ併走。
このまま2校で仲良く行ってくれれば・・・と思ったところに、後に区間賞を取る城西が9,10位争いに割り込み、東洋、日体、城西のうち2校が笑い、1校が泣くというこの3校の関係者以外はとっても楽しめる展開へ。
全く生きた心地がせん。
まあ、城西がハイペースで追ってきた分後でへばってくれないかなーという期待感と、向かい風に対して東洋が前2人を盾代わりして走っていたので、冷静さはあるかなーという感触はあったな。

その後、トップ集団へ映像が切り替わった後、早稲田が絡んでなかったせいで日本橋の辺りまで全くシード争いの中継がなく、うちのランナーは皇居で溺れてるんじゃないかと心配してしまったよ。
日本橋での映像が映ったときには、中央通りで東洋がスパートをかけ城西を振り落とした後の様子。いや、それでも十分歓喜でしたがね。
日体との競争には敗れたが、そのまま10位でフィニッシュ!
10位なのに胴上げやってたのは後になって考えればちと恥ずかしいが、この10秒差はほんと大きかった。

しかし東洋は毎年のようになぜか10区は鬼のように速いランナーが配置されてる。
今年も区間4位。
まるでどんな展開でも10区で挽回しないといけないということが分かっているかのようだ!

ともあれ、今年は暗い正月にならなくてよかった!


さて、優勝争いは順天堂独走が8区難波の脱水大ブレーキで一気に崩壊。
やっぱり今年も駒澤か・・強いところに運は来るんだなぁと思ったら、いつの間に緑の亜細亜が迫り9区で逆転。近年希に見るダークホース、大穴。
それでも10区では40秒しか差がなかったし、駒澤が自力を見せて再逆転するんだろうなー、亜細亜のアンカーは麿みたいだし・・と思ったのを見事に裏切ってくれました。
亜細亜大学初優勝おめでとう!あんなんで速いのかよ、と最初は嗤っていた亜細亜のアンカー氏、ごめんなさい。
自分のペースを崩さないことが非常に大切だということを身をもって見せてくれたよ。ナイスラン。

今年は良くも悪くも実力接近、戦国箱根。
首位は中継所単位では、中央学院→山梨→山梨→中央→順天堂(芦ノ湖)→順天堂→順天堂→駒澤→亜細亜→亜細亜(大手町)と、計6校。その間、日体が飛び出したり、東洋もちらりと首位に並んでたりする(w
区間賞では、中央学院・順天堂2回、山梨・亜細亜・東海・法政・城西・専修が各1回とえらいばらけよう。シード落ち校からは計4回出ている有様だし。駒澤とか中央は区間賞ひとつもないんだな。
前評判では東海、次いで駒澤だったようだが、結局以前の駅伝強豪校が下馬評通りの力を見せたときと違って図抜けた力をどこも持ってないことが明らかに。
亜細亜でも勝てるということは、調整がうまくいって10人が悪くても中位を保てるようであれば優勝するチャンスがここ数年は出てくるということだろう。

要するに東洋も優勝争いに絡めるんじゃないかと。
区間別で見ると、往路が5/2/4/8/15位、復路が4/13/18/17/3位。
驚くことにトップ5入りしているのが5区間もある!去年は10位以下が7区間ということを考えるとこれは大きな進歩ですよ。
これで、2桁順位区間を確実に9位以下でクリアできればかなり上は見える、はず。
単純にいえば安定してるランナーをあと5,6人揃えられれば悲願が成るんですよ。
今年は1,2年生メインだったので、強化と経験が積み重なれば、混戦なら一気に頂上も狙える、と思いたいなぁ。

まあ、なんとか10位に滑り込んだそばから難なんですがね・・・・
とりあえず、来年も正月の箱根路を東洋が走ることが決まって一安心です。
posted by けい@かながわ2信 at 01:53| ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

第82回箱根駅伝・往路/東洋大は健闘の7位で折り返し!

いやぁ、今日は楽しかったですよぉ〜
母校東洋大学は、途中箱根湯本付近まで3位キープ!
芦ノ湖ゴールでは残念ながら7位と後退したものの、しっかりシード圏内キープ!
明日はやってくれるはずだ!

去年も書いたように、毎年のように出ればシード権順位前後をうろつき正月早々寿命を縮めてくれる我が母校。
ですが、今年は予選会ぶっちぎり首位、若手中心の構成ながら有望な選手が多く、今後来る川嶋東洋黄金時代の第1章か?(<言い過ぎ)と、期待感は去年に比べれば遙かに上。
と言いつつ、やはり目標はシード権奪回ってのが堅実なところ、だよなぁ。


1区では、日体大・鷲見が一人飛び出す中、2位集団の中できっちり順位をキープして5位で鶴見を迎えるという上々のスタート。

2年前、スーパーエース・三行が躍った花の2区、今年は日大サイモン対山梨モグスという黒人ランナーが注目される中、乱れることなく2位を確保して戸塚へ飛び込んできた黒崎は今日の東洋MVP。2区日本人区間トップ、しかもまだ2年生。来年、黒崎拓克の名前は覚えておいて損はないはず。

3区に入り、尾田が徐々に先頭の山梨との差を詰め藤沢付近で一時首位に並んだわけだが・・・往路、一番先頭に近づいたのはこの辺り。しかし、1区ではなく3区までじっくり追い上げて先頭ランナーの肩を叩くという展開は、少なくともここ最近では見たことがない。三行の時は一気にグァッと詰めて、貯金を貯めておくというイメージだったし。

その後も4区まで少しずつポジションを下げるも、追いつかれてもズルズル下がることなく追走者に食らいついていくという展開はこれまでにないたくましさ。かなり実力がついているんじゃないかという見方は錯覚ではないかと思います。結果としても4区小田原でも3位で襷リレーできたしね。

誤算は5区、距離が伸びた山登りだなぁ。ここを走った1年生大西が悪いというより、併走していた東海大のエース伊達のハイペースについて行っちゃったことが失敗だったかと。元より実力差があることは分かっていたのにしっかりとついてしまったのが運の尽き。伊達共々沈没。或いは東洋にとっては小田原で東海に先に行ってもらった方が幸いだったかもしれない。一人で沈んでくれた方がなぁ。

結局首位順天堂とは3分11秒差、11位大東大とは2分25秒差の7位で折り返し。
まあ、前を狙うとなれば20秒前を行く亜細亜がターゲットだが、やはり後ろが怖いな。

現実問題としてシード権を争ってくるのは、8位東海から、早稲田、神奈川、大東、國學院、13位城西くらいまでか。この間、差は2分31秒。6校のうち生き残るのは3校。やっぱり混戦ですな。
ちなみに、去年は往路13位の法政が往路10位の差・38秒をひっくり返してのシード権奪取が一番のどんでん返し。逆に往路8位の山梨が11位との1分27秒差を守りきれずシード落ちというのが大暗転。
そう見ると東洋の2分25秒差は慌てる必要はない差と見えますが、いかがでしょうか?


一時は優勝しちゃうんじゃな〜い?と甘い夢を見た優勝争い。
今年もやっぱり順天堂の今井はネ申!
距離が伸びても関係なかったな。
あの悪天候、怪我明けというコンディション、関係なかったなぁ。
化け物だ、今井は。

1区は日体大鷲見がスタートでいきなり飛び出して一気に40秒のリード。が、ガス欠で自滅。1区ってのは固まって自重しあって終盤まで隊列が崩れないことはままあるが、やはり難しいんだなぁ。成功してたらヒーロー、失敗したから戦犯、になりそう。

2区を走った山梨の留学生は宇宙人だな。まだ1年でしょ。力をつけたら来年こそは驚異的な区間新が出そうだ。3年間はモグスの2区になりそうな。

ちなみに瀬古氏の天然解説は今年も絶好調。
大学として初めて区間賞を取った中央学院の木原に「君の名前は知らなかった」って・・
悪意はないと思うけど、それを本人に言っちゃおしまいです(w
それ以外でも好調と指摘すると、その選手が軒並み失速していったような・・
瀬古の呪い発動か?


さて、明日の復路はどうやら天気が好転しそう。
今年は珍しく雨の箱根路で走る方も見る方も辛かっただろうが、明日は富士を背景に絵になる快走が見れそうですな。
東洋、今年こそはシード権!

posted by けい@かながわ2信 at 01:13| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

あけましておめでとうございます

撮影地・富士山。黒い影は管理人本人です。登ったんですってば。

新年明けましておめでとうございます。
今年もまたーりとよろしくお願いいたします。

お知らせの通り、年末は高熱を出してダウンしてましたが、チケットを入手済みだったが故に元旦国立へ強行出動したところ、帰宅後一通り祝い飯を食った後に軽くダウン。
新年早々先が思いやられます・・・


去年の新年一発目は酉年なのに「猿」にちなんだ場所にネタを求めに行くというボケをかましてました。
で、今年は犬山遊園?犬吠埼?・・とも考えましたけど。


遠い。以上。

というわけで、自分にしてはすごくまともです。
しかも普通に新年っぽいです。

なんか自分のサイトのような気がしません・・・

で、来年は亥年なわけですが、い、猪・・?
思いつかねえ・・

と、早くも364日後のネタに頭を悩ます前にやることあるだろといった感じですが、今年も生暖かくお見守り下さいませ。
posted by けい@かながわ2信 at 23:51| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。