2006年01月03日

第82回箱根駅伝・往路/東洋大は健闘の7位で折り返し!

いやぁ、今日は楽しかったですよぉ〜
母校東洋大学は、途中箱根湯本付近まで3位キープ!
芦ノ湖ゴールでは残念ながら7位と後退したものの、しっかりシード圏内キープ!
明日はやってくれるはずだ!

去年も書いたように、毎年のように出ればシード権順位前後をうろつき正月早々寿命を縮めてくれる我が母校。
ですが、今年は予選会ぶっちぎり首位、若手中心の構成ながら有望な選手が多く、今後来る川嶋東洋黄金時代の第1章か?(<言い過ぎ)と、期待感は去年に比べれば遙かに上。
と言いつつ、やはり目標はシード権奪回ってのが堅実なところ、だよなぁ。


1区では、日体大・鷲見が一人飛び出す中、2位集団の中できっちり順位をキープして5位で鶴見を迎えるという上々のスタート。

2年前、スーパーエース・三行が躍った花の2区、今年は日大サイモン対山梨モグスという黒人ランナーが注目される中、乱れることなく2位を確保して戸塚へ飛び込んできた黒崎は今日の東洋MVP。2区日本人区間トップ、しかもまだ2年生。来年、黒崎拓克の名前は覚えておいて損はないはず。

3区に入り、尾田が徐々に先頭の山梨との差を詰め藤沢付近で一時首位に並んだわけだが・・・往路、一番先頭に近づいたのはこの辺り。しかし、1区ではなく3区までじっくり追い上げて先頭ランナーの肩を叩くという展開は、少なくともここ最近では見たことがない。三行の時は一気にグァッと詰めて、貯金を貯めておくというイメージだったし。

その後も4区まで少しずつポジションを下げるも、追いつかれてもズルズル下がることなく追走者に食らいついていくという展開はこれまでにないたくましさ。かなり実力がついているんじゃないかという見方は錯覚ではないかと思います。結果としても4区小田原でも3位で襷リレーできたしね。

誤算は5区、距離が伸びた山登りだなぁ。ここを走った1年生大西が悪いというより、併走していた東海大のエース伊達のハイペースについて行っちゃったことが失敗だったかと。元より実力差があることは分かっていたのにしっかりとついてしまったのが運の尽き。伊達共々沈没。或いは東洋にとっては小田原で東海に先に行ってもらった方が幸いだったかもしれない。一人で沈んでくれた方がなぁ。

結局首位順天堂とは3分11秒差、11位大東大とは2分25秒差の7位で折り返し。
まあ、前を狙うとなれば20秒前を行く亜細亜がターゲットだが、やはり後ろが怖いな。

現実問題としてシード権を争ってくるのは、8位東海から、早稲田、神奈川、大東、國學院、13位城西くらいまでか。この間、差は2分31秒。6校のうち生き残るのは3校。やっぱり混戦ですな。
ちなみに、去年は往路13位の法政が往路10位の差・38秒をひっくり返してのシード権奪取が一番のどんでん返し。逆に往路8位の山梨が11位との1分27秒差を守りきれずシード落ちというのが大暗転。
そう見ると東洋の2分25秒差は慌てる必要はない差と見えますが、いかがでしょうか?


一時は優勝しちゃうんじゃな〜い?と甘い夢を見た優勝争い。
今年もやっぱり順天堂の今井はネ申!
距離が伸びても関係なかったな。
あの悪天候、怪我明けというコンディション、関係なかったなぁ。
化け物だ、今井は。

1区は日体大鷲見がスタートでいきなり飛び出して一気に40秒のリード。が、ガス欠で自滅。1区ってのは固まって自重しあって終盤まで隊列が崩れないことはままあるが、やはり難しいんだなぁ。成功してたらヒーロー、失敗したから戦犯、になりそう。

2区を走った山梨の留学生は宇宙人だな。まだ1年でしょ。力をつけたら来年こそは驚異的な区間新が出そうだ。3年間はモグスの2区になりそうな。

ちなみに瀬古氏の天然解説は今年も絶好調。
大学として初めて区間賞を取った中央学院の木原に「君の名前は知らなかった」って・・
悪意はないと思うけど、それを本人に言っちゃおしまいです(w
それ以外でも好調と指摘すると、その選手が軒並み失速していったような・・
瀬古の呪い発動か?


さて、明日の復路はどうやら天気が好転しそう。
今年は珍しく雨の箱根路で走る方も見る方も辛かっただろうが、明日は富士を背景に絵になる快走が見れそうですな。
東洋、今年こそはシード権!

posted by けい@かながわ2信 at 01:13| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとさんです。m(__)m
東洋大、シード権獲得おめでとうございます。
浦和もACLの出場権を獲得しました。新年早々縁起がいいっす。(^_^)
明後日から社会復帰なのが難点ですが...まぁ、新年早々強力なエネルギーもらったので、頑張りますわ。
ではでは。(^_^)/
Posted by Kazu at 2006年01月03日 20:42
ありがとうございます。
本当はもうちょっと楽に取れていいはずだったんですが、まあ取れたんで贅沢は言わないです。
浦和さんもおめでとうです。
元旦国立に行きましたが地力があるなぁ。
日本代表としてアジアを闘うという意味では、浦和の方がふさわしいですね。来年、恐らくアジアを制する為に社も全力を挙げることでしょうから。
アジアの中における日本という位置づけをこの国のサッカーに根付かせるとしたらやはり浦和が急先鋒かなと思いますよ!
Posted by at 2006年01月04日 01:58
↑名前書き忘れた・・・orz
Posted by けい at 2006年01月04日 01:59
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第82回箱根駅伝復路 亜大トップキープ
Excerpt: 【現在の順位~10区15??付近】 ??亜大 (53秒差) ??駒大 ??山梨学院大 ??順大 ??日大 ??東海大 ??中央大 ??法政大(一位と4:46差) ??城西大⇒14.15?..
Weblog: Baseball情報局
Tracked: 2006-01-03 13:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。