2005年06月04日

今日のW杯予選を、お酒に例えると…

<ドイツW杯アジア最終予選第4節>
バーレーン 0‐1 日本


ワンカップ酒みたいな安酒で無理矢理酔わされてる感じ。



まあ、勝てばいいのよと言ってはそれまでなんだが。
予選を通して成長を感じられないのがこのチームなんだよなあ。

日本は選手がポジション変えないからパスが足元ばかりで流れがない。前半の20分間くらいは茸を中心にダイレクトを試みてたけど。(その時間帯は比較的悪くはなかった)
その中で小笠原のゴール。←相変わらずそれくらいしか目立たないわけだがね…

1トップねえ。何トップでもいつものグダグダぶりと大差ないです。次の試合はレギュラーがたくさん出れないし、いっそサイドもFW入れて5トップくらいにしてみては?

バーレーンにしても、1対1は強いし抜けるんだが、縦一本ばかりでサイドもなければ崩しもない。


内容は下位同士のヘタレた試合。
ある意味すごくリアルな試合でした。
あのノー天気な監督は、勝ち点3を取るのが最大の目的と公言しているわけで、そう言う意味では確かに嘘はついてない。日本代表の成長とか強化なんて期待してはいけなかったんだね。
posted by けい@かながわ2信 at 03:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。