2005年05月20日

さて、ゾノが引退したわけだが

元日本代表MF前園が現役引退を表明(ニッカン)

流浪のドリブラーもついに完全復活することなく引退か・・
ゾノがもっとも輝いたアトランタ五輪の辺りって、もう10年くらい前の話なんだね。年取るわけだ。
あの頃って、オレはまだまだサッカー素人だったから、テレビで観て単純にすげぇという印象しか残ってなかったりする。
スタジアムだって年に4,5回くらいしか行ってなかったような。だから生で観た記憶がほとんどない。

むしろ、2000年に鳴り物入りで湘南に入ったはいいものの、周囲とさっぱりかみ合わず空回りしてて「ゾノ使えねー」とブースカ言ってた記憶の方が実は強かったりする。ていうか、それが一番。
(湘南的にはみんなそんな感じじゃねーんかい?)

あとはやっぱりCMだな。
ラ王ではあのヒデを脇役にしてた上、懸賞ではゾノベンチコートもあったよな、確か。
アステル(←オレも使ってた。今はどうなってんだ?)のCMではなぜか歌わされてたし。
でもって、「いじめかっこわるい」。まさに「前園さんのいうとおり〜」。

J黎明期を彩ったスターであることは間違いない。
実質的な活躍期間は短かったけど、花火みたいでまたそれがスターらしいな。

スターの引退とあって、当然マスコミも各社が報じているわけだ。
その中でこんな記事があった。

(ここまで略)
『前園選手は、サッカー以外の分野でも活躍し、「日清ラ王」のCMで中田英寿選手と共演したほか、アステルのPHSやマンダム、公共広告機構のCMなどにも出演した。「前園さんの言う通り」(マンダム)、「いじめ、かっこ悪い」(公共広告機構)、「どどどどーするゾノ」などのセリフは人々の記憶に焼きついており、一部掲示板では未だに使われているようだ。』

おいおい、どんな記事だよって、これ載せたのは証券新報というサイト。
初めて聞いたよ。ざっと見渡すとその名の通り証券系マスコミのようだ。
妙に軽いんだけど、創刊は昭和28年とあるからなかなか歴史があるんで、尚更よく分からんマスコミだ。

話がもろに脱線したわけですが、株の新聞が大きく取り扱うってことは、明日の取引の材料に・・・なるんかしらん?
ゾノ引退で株価が上がる企業があったら教えてくれ。


・・・ここまで書いて言うのもなんだが、ゾノファンの人はこのエントリーは読まなくていいです。
posted by けい@かながわ2信 at 05:06| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

人稲杉、マジ勘弁

Korea DPR told to play at neutral venue(FIFA・W杯公式)

要するに、北朝鮮対日本戦は第三国開催・観客なしで行なうとFIFAが決めた、ということです。

例の北朝鮮対イラン戦の暴動で何も処分が下されないということはさすがにないとは思っていたが。
まさか、ダブルでドン!ってことになるとは・・・トホホ。

実は北朝鮮戦アウェーツアーに仮予約しておいたんだけど、これで全部パー。
一生に一度の超安全な北朝鮮潜入計画も玄界灘に消えていきました・・・orz

と同時に、この試合、多分日本がW杯出場を決める確率が割と高いと思われる。

現在の順位と勝ち点。
1)イラン   7
2)日本    6
3)バーレーン 4
4)北朝鮮   0

次戦第4節バーレーン戦アウェイで出場が決まるケースは皆無。
例え日本がバーレーンに勝ったとしても、2試合残しで勝ち点差は5であり、まだ逆転されるケースが残るので。
したがって、どんな場合でも出場決定は第5節以降になる。

そんな記念すべき試合が誰もいない中行なわれるなんて・・


それで、この試合、どこで行なわれるんでしょうかね?
マスコミなんかを見ると、マレーシア有力とよく書かれていましたね。
マレーシア、と言えば、あの野人のゴールで有名なジョホールバルかな。
もしそこで決まれば、何か因縁めいたものも感じるわけだが。

ん?

まさか、あえて無観客なのは、今ファッキンジャップで絶好調のあの国でやらせるつもりなんですかね?
三千年だか四千年の味だかよく知らないが4つ足なら机でも食ってしまいそうで、人の国の教科書にいちゃもんつけるくせに自分の国は北朝鮮も真っ青な思想統制教育を施す国。

ま、この場合日本にとってはしっかりアウェイの環境が用意されるわけで、ある意味公平かもしれませんね。
posted by けい@かながわ2信 at 02:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

監督としての存在意義、そしてジーコ

負けても勝ってもジーコについては糞味噌にけなす「かながわ2信」です、こんばんは。

さて、今日はちょっと気になる記事を見つけたので。

チームの方針を決めるののはジーコなのか、選手なのかという質問が出たとき、宮本ははっきりと答えた。
「それは選手の仕事です」。
』(FC JAPAN より)

宮本の勇み足か、と思いきや、どうやら代表チーム内でもそういうパワーバランスになってきているようだ。

これって、チームとしては相当異常なことではないかい?
極端な方向まで辿り着いたら、そこにある答えは「監督なんかいらない」ってことではないかい?

監督という立場から見た場合、サッカーと野球とで大きく違う点は、試合が始まったらそのプレーごとにいちいち介入できないのがサッカー、出来るのが野球だ。
野球は1球1球ポジションの修正、投げるべき球の指示、打つ打たないの判断etc、いろいろなことを監督は指示できる。
サッカーでは球が飛んでくるときに一々指示をしていたら間に合わないし、第一選手は聞いていない。
それでもサッカーでも監督が必要なのはなぜ?

それは、チームの方針や進むべき道を決める役割を持つ人が必要だから。

選手にはいろいろプレースタイルがあって、指向があって、考えがあって、そんなのが11人集まって放っておいたらどうなることやら。
そこを束ねて11人にある指針を示し、その方向に選手を向かわせ、勝てるチームを作る人、それが監督でしょう。

そして、そのためには監督が示す方針に権威を持たせることが必要であり、それが監督と選手という上下関係をきっちり確立することなんである。
従って、(監督の方針の良し悪しはとりあえず脇に置いておいて)その方針に従えない選手は干されるか出ていくしかないし、監督にはそうした異分子を処理する権限が与えられている。

国の代表チームというのは、各チームの主力(中にはそうでない人もいるけど・・)を集めた、いわばサッカーエリート達の最高峰集団だ。
その集団の監督は、自分の方針に合う選手を採算等関係なく好き放題選べる権限を持つ。
そして、そうやって選ばれたプレーヤーは監督の方針には従わなければならない。それが秩序というもの。

だから逆に言えば、豊富なエリート人材の中から選んだわけだから、そのベースとなる方針が結果を生み出さないときは、監督は責任を取らなければいけない。


翻って日本代表の現状。
選手に「チームの方針を決めるのは選手である」と言いきられる現状。
先に述べた上下関係で言えば、もはや監督と選手は同レベルに位置していることになる。
事実上権限を失ってしまった監督は、もう必要ないんじゃないか。
チームの方針を決めるのが監督ではなく選手であるなら、極端な話、宮本やヒデが監督をしても十分勝てるはずだ。(まあ、実際はそうはうまくいかないだろうがね)


先任者のトルシエは、少なくともその秩序の維持については4年間崩れることはなかった。
試合中DFが自分たちの判断でラインを下げたときはあったけど、それは一時的なことで、「フラット3」の言葉に代表されるチーム方針とチーム作りは最後まで揺るがなかった。
その点において、トルシエは監督が監督として存在するための責務を全うした、と思う。

ジーコはどうか。
チームの方針は選手が決めると言い切られた。それに対してのアクションは特に見られていない。(何の処分、コメントもない)
まあ、(成功するはずもなかったつけ刃の)4バックがイラン戦で失敗に終わり、修正を迫られたが故に、ジーコはそもそもバーレーン戦では3バックに戻す気であったのだろう。
だからチーム方針の決定権が今誰にあるかを見極めるためには、或いはもう少し時間が必要かもしれない。
しかし、方針決定権が選手に移りつつあることはどうやら間違いないようだ。

我が国最高のエリートチームの監督が、チーム方針を決める権限を失いつつある。
これはもはや代表監督としては不適格であることを明確に示している。
権限を完全に失わなくても、そういう動きが見えてしまった時点でthe endだ。

既に監督としての形を失っているジーコ。
神が神のままでいられるか、それともピエロになってしまうか。
posted by けい@かながわ2信 at 01:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

なんだかんだ言って、コミュニケーションとれてな(ry

<W杯アジア最終予選>
イラン 2−1 日本

・あーあ、負けちゃった・・
・戦前予想としては、4バックにしても、両サイド・ボランチとも守備に奔走することだろうから大して攻められないだろうなと考え、スコアレスドローという希望的観測をしてました。

・しかし、朝っぱらからスタジアムを開放して、開始5時間くらい前には12万人ですか・・・すげえ。2階席が落ちそうだ。
・試合開始前に延々とコーランが流れてたのにも驚いた。

・開始して15分くらいは両方とも割と静かな立ち上がり。日本の守りも、最初はちょっと後ろに行きがちだったが、次第に前からプレスできるようになってこれからいい流れに乗るのかな・・と思っていたら。
・ボンバーがダエイを巻き込んで茸をフライングボディアタックして撃墜・・て、味方殺してどーすんだ!
・それで取られたFKを、相手3トップの一角・9番ハシェミアンに決められ被弾・・・orz
・よくよく見ると、相手の6番がエリア内で加地を引っ張りながらブロックして、9番に上手く打たせてるのね。やられた・・・
・ここからイランがちょっとイケイケになって前半は何とか凌ぐ展開。
・ダエイは上手くシャットアウトしてたんだけどな。流れの中からダエイを経由してピンチに陥ったシーンはなかったように思う。両サイドがやはり速かったが、4バックと守備意識の高さの効能か、まあそれなりに防げてたし。
・その代わり、攻撃の時に後ろからの上がりがなくて、ヒデと茸とで何とかしてくれという状態じゃ前線まで球行かないって。

・前半終了間際、この試合では「過去の人」化してたダエイが負傷だかなんだかであっさり交代。何だよー、今日の出来だったらもっといてくれよー

・後半も15分くらいまではイランの運動量が落ちず、相変わらず前に人数をかけられない。そこで爺がまず切った札が・・
・え・・・ヘナギ?
・おいおい、ここに来て鹿島枠かよーと思ったら、そのヘナギがエリア内でクロスを競り落として誰かがナイスなボレーを決めて同点。誰だよーと思ったら・・

・ゴッドハンダー。

・えー!福西って足でゴール決められるのかよ!ととりあえず驚いてみる。
・まあ、誰が決めてもいいからとりあえずこれで勝ち点1は取れる算段が整った、はずだったんだが。

・茸曰く、「1-1になった。個人的にジーコに聞いたら攻めろと言われた。守ったほうがいいか?と聞いたが攻めろと言われ、行った結果取られてしまった。

・爺のバカ!

・確かに相手の足が急に止まりだして、日本が前目でも支配できるようにはなっていたが、その結果逆襲を喰らって、左サイドを突破された挙げ句、クロスをズドンとやられた。その時、ゴールしたハシェミアンに競った奴がいなかったし・・ちなみにそばでは加地がへっぴり腰でおいすがる。嗚呼、また加地。

・その後、爺も札を切るが、大黒はともかく、ここで小笠原って・・これ以上パスの出し手だけ増やしてどうすんだ!前線をかき回す奴を・・って、そんな奴誰もベンチ入りしてないし。
・大黒を入れたあとも、強気で攻めに転じるわけでもなく、無意にロングを放り込むだけ。なんか、絶対1点取る!って執念を誰からも感じなかった。これなら、よっぽど北朝鮮の方が執念では上だ。
・こういうところで、熱い魂をピッチに持ち込めるスーパーサブが今の代表にはいない。まあ、こう書くといつの間にかゴン待望論になりそうなんでやめておこう。(でも、確かにゴンみたいに魂でゴールするタイプの選手って見かけなくなったような)
・点を取れそうな気配皆無のまま終了。悪運は尽きた。


・結果から見れば、直前での4バック変更は失敗だった、ということ。
・両サイド、特に左の三浦淳は封鎖されている感じで、ほとんど有効な上がりがなかった。むしろ、加地の方がよく上がれてた。ヒデが持つと加地がパシリのように上がっていくのが見てて面白かった。今日はパシリ加地のオーバーラップ練習試合。
・中盤からの追い越し、飛び出しもほとんどなし。ポジションがみんな固定されているから、前線まで球が行かないのでFWもまるで存在感なし。2トップ、今日は誰と誰でした?
・僕パス出す人、僕守る人、僕前線で待つ人とみんな役割が固定されている。もっと流動的に動いてくれよ!
・その辺の各人の動き方とか、動いたあとのフォローとか、そういうコミュニケーションがやはり不足していたのか。何か枠にはめられたまま90分過ぎてしまった。イランは後ろの選手も結構前に姿を現していたのに。

・あと、やはり爺は監督の適性が有るのか疑問。
・アウェイで、あの上手く攻められてない流れの中で、それでも同点に追いついたあと、今日はこれで無理せずOKでよかったのに。イランの攻撃については、そこまではさほど崩されてはいなかった。
・それと、交代及びメンバーの人選の問題。パスの出し手は豊富に揃っているが、それを受ける側が控えに入ってない。裏に飛び出す人、前線でかき回す人。どの試合も勝ちに行くのは結構だが、あらゆる場面を想定した選手の選択というものがこの人は出来ないんじゃないか。
・普段Jをろくに見てないから多分現代表選手以外を知らないんだろうけど。(だって、今年Jが開幕して以来、1戦も見に行ってないんだよ。鹿島ですら。代表監督としては不真面目すぎるよ)


・これで、一気に3位に転落。次戦バーレーン戦はドローでも厳しくなる。確か事前に掲げた目標が3勝2分1敗、つまり勝ち点11。次節ドローだと3戦で勝ち点4。これは目標の半分に達しない。つまり勝って6に乗せないことには後半きつくなるわけだ。しかもアウェイが2度もある上、その2つが中5日でのバーレーン・北朝鮮の連戦。
・さてあと4日で立て直しが利くかどうか。
posted by けい@かながわ2信 at 03:05| ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

北朝鮮、散る・・・?

<W杯アジア最終予選>
北朝鮮 1−2 バーレーン

・いやー、典型的な中東型カウンターに見事蹂躙された北朝鮮って感じでした。
・試合の流れは、90分間ひたすら北朝鮮がバックラインを上げて、ガンガン攻めて、その間に時折バーレーンのカウンター。残り30分はバーレーンがガス欠を起こして、サンドバック状態。
・でも、今時あんな分かりやすいカウンター一本で勝てちゃうもんなんだな。セル塩の言った喩え「バーレーンの攻撃は1回見れば十分。あとはリプレイだから」ってのが、実に的確でした。

・バーレーンは見た感じ5バックっぽい守りで、ガンガン攻めてくる北朝鮮をゴール前ではね返しちゃう。体力がある内は、ラインは上げず、中盤のプレッシャーはゆるめで、エリア前で張る形。
・北朝鮮、中盤までは球を持てるんだけど、裏を狙えないから前半は仕方なくクロスをあげてははね返されていた。
・その隙に一発カウンターを喰らわせてまんまと前半6分にバーレーン先制。これは大きすぎた。ますます、バーレーンに引きこもられるハメに。
・飛び出したり、追い越したり、フリーランニングが欠けていた北朝鮮、後半はさすがに縦へスピードアップ。中央からでもコンビプレーで抜け出そうとチャレンジ開始。
・一方バーレーンは前半とさして変わらない守り方なんだが、スピードアップした相手についていけてない。しかもガス欠。後半は受けて守ると言うより、かろうじてブロックするといった感じ。
・北朝鮮、大チャンスがいくつもあったんだが、悲しいかな、球を止める・蹴るといった基礎技術が・・・。あと、人工芝のピッチというのも影響したか。球が止まらない。
・で、またカウンターを喰らってバーレーン2点リード。北朝鮮も1点返したが、その後どうしても返せずタイムアップ。

・バーレーンは3/30に埼スタで日本とやり合うわけだが、今日の試合を見る限り、多分また引きこもり戦術なんだろうな。日本は前半から攻め立てない方がよさそう。適当に揺さぶれば、後半勝手にバテてくれるだろうから、その時にガガッと。
・カウンターだけは要警戒。4バックでもいいけど、左SBが3とすだろ、どーせ。守備じゃいないも同然なんだから、それならば3バックの方が中に人がいる分まだマシな気がする。
・もっともその前にイラン戦で勝ち点を獲れないとどうにもならないのだが。

・北朝鮮は、スタミナだけはすごい。90分間よくずっと攻めてられるな。肝心の球の扱い方さえなんとかなればね。でも、ここで2連敗ってことはもう終戦でしょ。また4年後頑張れ。
・前回、そのザルっぷりで大好評を博した北朝鮮のGKだが、今日はやっぱり代えられていた。ほ、ほんとに炭坑に送られてしまったのだろうか・・・

・平日の昼間に北朝鮮対バーレーン戦をライブで流すテロ朝にはびっくり。しかし、局の方針なのか、妙に北朝鮮寄りというか。でも、やっぱり「北朝鮮=怪しげで謎の国」という前提での報道姿勢は何ら変わってない。初志貫徹テレビ朝日。絶対に負けられませんから!
・ゲストに香取慎吾。アイドルスマイル振りまいて、「北朝鮮応援しちゃって声枯れてきた」とか言ってるし。偽善ぶりはやめれ。スポーツ放送に芸NO人はいらんわ。


・・さて、あと4時間もすれば肝心の日本対イラン戦なわけだが。
ああ、やっぱり今回も出動してた!
作戦に非常に苦しみそうな中東2連戦、頑張って下さい。
毎度何食ってるのか、密かにウォッチングしてるオレ。
・・・て、ピスタチオ・・あれはイランにゆかりが深いのか!またひとつ勉強になったぞ。
posted by けい@かながわ2信 at 18:44| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

Jも開幕!

J「も」って、あんた・・このブログは一応サッカー系だ。念のため。

冬の間、川口に入り浸ってたもんで、今年はあっという間に開幕まで来てしまってちょっと気持ちの盛り上がりが追いついてなかったりもする。
でも、土日と2試合見る予定なんで、そうなると一気にバーニング!ってことになるんだろうな。

で、開幕に間に合わせるべく突貫工事で、日産否定系神奈川県人専用Jリーグ日程表を作ってみた。まあ、毎年やっているあれだけど、川崎がJ1にあがってくれたんでちょっと作りを変えてます。

ちょっと脱線して。
これまで応援しているところがみんなJ2だったから、薄暗いところでJ2のぬるま湯にどっぷり浸りながらサイトを運営してきたんだが、川崎が日の当たる場所に出たもんだから、サイト名どうしようって困ってました。
でも、変えるのもめんどくさいんで川崎がJ1に定着しようとプレミアに羽ばたこうとお構いなしにうちは「かながわ2信」のままでいきます。
だいたいね、「2信」(通信)とか名乗りながら、ちっともニュース系じゃないし。
名は体を表さないのがうちのモットー<なんじゃそら!


さて、そういうわけでちょっと予想してみよう。
まずは当然のようにJ2から。

1福岡、2京都、3甲府、4山形、5仙台、6横浜
7湘南、8水戸、9徳島、10札幌、11草津、12鳥栖

昇格は福岡と京都だな。

福岡は去年とやり方がそんなに変わってないし、面子も大きなマイナスはない。機は熟した感じ。
増川が抜けた穴?それは我らが岡山先輩が埋めてくれるはずだ!どうせFWもどこかのタイミングで取ってくるんだろうしね。

京都は新外国人の名前的にスカしそうな気もするんだが・・腐っても黒部、彼は引き留めておけばよかったのになぁ。
しかし、麿イズム爆発の補強で弾数だけは揃ってる。FWさえ頑張れば昇格。つーか、大志出れねーよこんな面子じゃ・・orz

3位に上げた甲府は、バレーの補強はなにげにでかいんじゃないかなぁと思って。
システムとか形はしっかりしているし、そこにフィニッシャーが入ったのはでかい。でもバレーはシュートが下手なのが気になる。

4位の山形は如何せん主力を放出しすぎ。このチーム、過去も同じことやって這い上がってきているから、チームの伝統的なところはあるんだけど、少なくとも去年の今年で昇格はない。

5位の仙台。監督が・・ちょっとここはいろいろいじりすぎだろ。寿人も出しちゃうし。

8位以下はどんぐりの背比べのような気もします。

新加入の徳島と草津。しっかりした守備をそのままJ2に持ち込んできた徳島の方が見込みがあるな。

草津は去年の天皇杯のようなサプライズを44試合出せるとは思えない。失速しそう。
でも個人的には超頑張って欲しい。こういうもろに地方出身のチームが成り上がってくれると次にいろいろなチームが続くことが出来るはずだしね。

水戸と札幌と鳥栖はどこがどこの順位にいっても大して変わらないだろうな。

そうなると神奈川J2勢が消去法で上の方に。
正直こんな順位に行けるだけの戦力はないような気もするんだけど。
まあ、5位とは大幅に離れた6位、7位といったイメージで。

横浜は、守備は去年大幅に改善されてそれが今年も継続されるだろうからまあいいとして、攻撃は臼井放出の影響がもろに出そうな気が。
下手すると臼井しか機能してないような試合もあったのに、そのキーマンがいないって攻撃大丈夫か?

湘南は上田イズムが去年の秋からじわりじわりと浸透しているはずなんで、その分例年に比べて完成度が高まるとは思うんだが、補強が微妙・・・
特にクマと大志放出・・うーん、まあ、去年はレギュラークラスじゃなかったから、うーん・・
来た人が期待値通りの活躍をしてくれるかどうか。個人的には佐藤悠介も加藤望も渋め系で好きなプレーヤーではあるんで期待してみる。ていうか、外国人はまたはずれの悪寒・・

今年は上から落ちてくるところがなかったんで相対的にJ2のレベルが下がりそう。
去年みたいな7チームのサバイバルが終盤まで続くことはないだろうな。
とりあえず山形まで。よくて仙台まで。でも、去年の川崎みたいな独走もない。
グダグダの殴り合い状態で最終節付近まで行くと読みます。


次にJ1。

1浦和、2稲城、3磐田、4横浜、5瓦斯、6鹿島、7吹田、8名古屋、9清水
10千葉、11川崎、12広島、13柏、14大宮、15新潟、16神戸、17長居、18大分

今年から1シーズン制ということで、予想が難しい。
カギになるのは層の厚さと継続性と得点力かと。

その点、浦和は十分。全部満たしてる。去年からやっていることは多分変わらないだろうし、攻撃陣はそもそも反則だ。

条件的には横浜も当てはまるんだが、怪我人大杉。FWにコマらしいコマ残ってないじゃん。スタートダッシュに失敗して優勝の望みが薄くなりそう。

そこで稲城。層の厚さこそ不安だが、天皇杯で見せた力と勢いは今年も主軸は変わらないことで持続されそう。あとはワシントンが1年通して当たりならかなりいける、はず。オレ的には相馬一押し。

層の厚さだけなら磐田がトップかも。ていうか、磐田のフロントって市原嫌い?
おっさんが多いのは気になるけど、実力値通りなら優勝も行ける。崔龍洙のフィットがカギ。

瓦斯はな・・新システムがはまればくるだろうが、点取り屋がそもそもいないんで優勝は無理。上位は狙える。

もっともオレが注目しているのは降格争い。

今年は大分が一押し。悪いが落ちてもらいます。
あそこって元々堅守で鳴らしているチームのはずなんだが、監督が替わり今年は攻撃志向な感じ。色が違う。
守備陣は薄くなっているし、なんかかみ合わないまま終戦しそうな気がするんだよな。

続いて桜大阪。何か今年も守備大丈夫?ってメンバー攻勢だし、その上自慢の攻撃陣は大久保が抜けて、その代わりが黒部!少なくともオレが去年見た黒部は怖さを感じさせなかった。西澤を二人揃えてどーすんだって思ったり。

続いて神戸、かな。すごい補強をしてもそれがちっとも成績に結びつかないのはもはやお約束。
名前だけは揃っているんだが・・・エムボマとカズと平瀬と三浦アツ。正直どれほどやってくれるか見当がつかない。守備の補強も土屋が抜けた分を埋め切れてない。ここの希望は播戸だ播戸!

あとはよく分かんないなぁ。
鹿島から清水までは中の上。

鹿島は決定力不足(どうせまたFWの外国人9番が滑るんだろう。ここの伝統だ)、吹田は層の薄さと監t(ry、名古屋はなぜかいけそうでいけない。

清水は健太新監督になったが、案外やりたいサッカーにあったいい補強が出来てるような。層は薄い。あと、戦略がこけると多分降格争いに絡むだろうな。監督がパニクっちゃいそうなんで。

それ以外は中の下。
川崎はここ。J1であのミラクル3が通用するのかどうか。あれが通用しなかったら終了ですわ、ホントに。J2に比べてガチガチに守ってくるチームは少ないだろうから、その分行ける気もするけど、やはり心配。
ただ、3バックは通年動いてくれればそれなりに計算できるとは思う。スピード系のFW人にはズタズタにされそうな気もするけど。トータルなら守れる。
あとは層の薄さ。レギュラーがこけると、2番手以降の実力差がでかい。J2ではごまかせたがJ1ではきつい。とにかく怪我するな!3,4人こけたら降格争いに行ってもおかしくはない。

同期の大宮は、チームカラーとも言えるあのきれいな3ラインの守備がとにかく堅いんであれが通用すれば、というよりそれなりに通用すると思うんだけど、そういう意味で降格圏の少し上。でも、FWの新外国人がはずれだったら目も当てられないぞ・・得点力不足もまたここのチームの特徴だし。

ジェフロ磐田に主力を根こそぎ持ってかれた千葉は、それでもオシムが何とかしちゃいそうだ。かえって若手が伸びるかもしれない。オシムがいて素質のある若手も多いから、このチームが降格争いに来ることはない。

広島、柏、新潟。正直あんまり上に来そうな香りがしません。

広島と新潟はシステムを結構いじくってるでしょ。で、その軸がいずれも新外国人。機能するのかな・・点取れなさそう。

柏はあの入れ替え戦を経験して精神的に強くなってればいいが。ていうか、未だになんで去年ビリになったのかが分からん。面子的にはそこそこ。代表のエースもいる。若手も有望。ここも監t(ry


長くなりましたが、以上がかな2の予想。
はずれたとしても坊主頭になることはないのであしからず。
でも当たったら何かくれ!
posted by けい@かながわ2信 at 07:36| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

勝ち点3が取れてよかったね(棒読み)

<ドイツW杯アジア最終予選>
日本 2−1 北朝鮮

勝てばいいんですよ(byキャプテソ)

大事なのはW杯に行くことだから、そりゃ勝ち点3をとり続けて勝てばいい。仰る通りですよ。

でも、クソ爺が就任して以来2年半やってきて、そして準備万端(のつもり)で臨んだこの舞台、結局全ては運頼み、なんですか?
今はよくても、いずれつけが来るよ。
日本は所詮運だけだった、実力なんてこの3、4年増すことはなかったと。
分かってるのかね、キャプテソとか言わせていい気になっているおっさんは。

最初の5分はよかった。前から行く意識はあったし、3トスのシミュレーション気味のファールから得た小笠原のFKで首尾よく先制できたし。(まあ、あの3トスのはかなりあやしいよな・・マリーシアということにしておくか)

その後も相手のプレッシャーはさほどでもないし、これは下手すると虐殺か?と思ったのだが・・

日本の得意技;「相手におつきあい」発動!

もうあとは相手がバテるまで待つしかなかったね。


北朝鮮はテクニックはないに等しかったが、奪った後あまり無駄なく前へって意識が統一されていた。その点、日本は球を奪っても動きがないから必ず誰かしらのところで流れが一旦止まって、横パスの山(ボランチとかトップ下とか3トスとか・・加地が珍しくまともだったのは単に比較の問題か?)。

北朝鮮の同点ゴール、シュートはあのコースを狙ったのか微妙だけど、そこに至るまでの流れは美しかったと思うよ。右サイドから中へドンドン渡していって、最終的には逆サイドにフリーでいたSBへ。
その前に川口の見せた神セーブがなければ終わっていたな・・

残り15分くらいで北のスタミナが切れかかっていたのと、ドローでOKということで引いておけという指示があったのか、相対的に日本が前で球を支配してたけど、中では体張られてたし。
それでも、高原の所に無人のゴールに決めるチャンスが来たが・・

とりあえず、寿司ボンバーはゴールマウスを相手にひとりぼっちでシュート練習1日千本ね。
ていうか、欧州から帰ってきたのに先発じゃないって・・てブーたれたいのなら、GKいないゴールには着実にたたきこんでから言えっつーの!

どいつもこいつも枠外しやがって・・・
代表招集の前にシュート精度の階級章でも発行した方がいいんじゃないの?

それでも最後は勝てるんだから、よっぽどサッカーの女神ってのは日本が好きなんだね。
禿かかっている爺が好みなんですか?随分変わった趣味をお持ちのようで。
まあ、蓼食う虫も好き好き、とは言いますからね。

あの北朝鮮のGK、日本政府が送り込んだスパイか工作員か何かか?
試合中、イージーなボールを何度も無意味にパンチング。キーパーと言うよりパンチャー。
そういえば、なんかの高校サッカー漫画で、ボクシング部のエースを無理矢理GKに起用したっていう話があったような。
あんなに下手くそなGKでも1番をつけられるんだから、よっぽど人がいないんだな。
あれならJFLクラスでもきっと雇ってもらえないぜ。

試合の最初の方から、ひたすらパンチパンチ、ポロリポロリやってたから、とりあえずミドルをたたき込んでこぼれたところを押し込めば5点くらい取れた気もしたけど。

ま、相手を思いやり相手に合わせるのが日本流だから、90分間ボロが出なかったけど、最後の最後でなんでもないクロスを無駄にポコーン

あんなんじゃ意味ないって。
最後はゴール真っ正面で待っていた大黒にあっさり渡り、ゴールゲット!
喜ぶより先に出た言葉が、

ありえね〜!

って、ワタシはカンフーハッスルかって。

去年の2月、同じ頃の同じ場所で同じように身が凍る思いをまたさせられるなんて、なんて進歩がない代表だ!
今日はあの北朝鮮のGK様に足を向けては寝られません。

しかし、GKさん、6月に生きてお目にかかりたいものだね・・・

そういえば、去年の4月に国立で自分のゴールに蹴り入れてしまった北朝鮮女子代表選手はまだ生きているんだろうか?すでに写真でしか見られない人にはなってないよね、まさか。
ま、そういう話も決してないとは言えないのがこの国なんで、うかつにブラックジョークも言えやしない。言ってるけど。

とにかく、なぜか勝ち点3を取れてしまい、その上ライバルのイランとバーレーンは痛み分けでそれぞれ勝ち点1。
全てが日本の最良の台本に沿って進んでるんですが・・・

神様、本当にこんなんでいいんですか!?
posted by けい@かながわ2信 at 04:40| ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

応援のマナーを守・・・

れるかっつーの!

サッカーは銃やミサイルのない戦争だ!
どっちかが勝ってどっちかが負ける以上、「交流のきっかけになれば」・・・なんて悠長なことは言ってられないって。
(ちなみにホームでのドローは負けも同然だから)
こんな試合ひとつで交流が甦るものであるのなら、だいたい今頃拉致とか国交問題とか諸々の政治的要素はそもそも存在してないだろうからね。

とにかく、日本は北朝鮮を踏みつぶしてドイツに行く。イランも、バーレーンもだ!
そして、北朝鮮は日本人がいけ好かない国のひとつであることは動かし難い事実。政治的感情が入らないなんて人は偽善者です。

ただ、6月のアウェイでサポが北朝鮮に入国できなくなるようなやばい暴れ方はしないでね。


チケがなく、寒がり屋のオレは温々家の中で観戦。
もちろん、サッカー素人の集団たるテレビ朝日は見ませんよ!
ここ一番はやっぱりNHKだな。


ところで、これはホント?↓

624 名前:コピペ :05/02/08 12:38:17 ID:FRSZnrn+
 今時の朝鮮籍在日さんは総連からこんな命令が出てるんですか?
 
 9 番組の途中ですが名無しです New! 05/02/08 01:18:26 ID:Kkj+smgZ
 とりあえず私が言われたことです
 
 ・10代から20代の日本人サポーターに罵声を浴びせる
 ・相手が切れるまでしつこく続ける
 ・絶対に手を出さない
 ・相手が手を出してきたら地面で手や足を擦りむくように大げさに倒れる
 ・すぐに110番(警察)と119番(救急車)を呼ぶ
 ・病院に行ったら「首が痛くて動かせない」と言う
 ・警察には「北朝鮮を応援する歌を歌っていたら暴行された」と証言する
posted by けい@かながわ2信 at 16:50| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

雪の三ツ沢より・高校サッカー 盛岡商対熊本大津

盛岡商が逃げきり、1ー0で試合終了。またもや寒くて打てません…
posted by けい@かながわ2信 at 15:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の三ツ沢より・高校サッカー 盛岡商対熊本大津

image/kanagawa2shin-2004-12-31T15:22:31-1.jpg

後半16分、ゴール前のこぼれ球を、盛岡商FW福士が豪快に左隅に蹴りこんで先制!
posted by けい@かながわ2信 at 15:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の三ツ沢より・高校サッカー 盛岡商対熊本大津

前半終了、両者無得点。

天候はほぼ雨に変わりました。風も強く、コンディションは最悪。
前半は大津やや有利。
雪だから盛岡商がいいかと思ったけど。
大津はみんな走りながら球を受けていて、盛岡商の守備陣が後手に回っている感あり。
ただ、球が飛ばないから惜しいシュートも止まっちゃう。
盛岡商は左のサイドハーフがいいかな。ここから勝機を見いだしたい。

雪のピッチを上から眺めると、踏み跡の有無でどこのゾーンが使えてるか分かりやすい。
大津は左サイド、盛岡商は右サイドの踏み跡が薄い感じ。

大津の学生は元気だなあ。

まもなく後半。
posted by けい@かながわ2信 at 15:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の三ツ沢より・高校サッカー 盛岡商対熊本大津

image/kanagawa2shin-2004-12-31T14:22:43-1.jpgimage/kanagawa2shin-2004-12-31T14:22:43-2.jpg

また雪かよ!
横浜駅前は既に3センチくらい積もり、浅間下から三ツ沢に至る急坂は、下りはカマ掘り事故、登りはバスや車が滑って上れず立ち往生、とまさに関東の雪景色です。
バスに乗らず歩いたオレは勝ち組。

三ツ沢は定刻開始、積雪は5センチくらいかなあ。西が丘のよりは締まった雪だから、比較的球が転がる。
天候はみぞれに変わりつつある。
ちなみに主審は池田直寛。
posted by けい@かながわ2信 at 14:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

雪の西が丘より・全日本女子選手権準決勝 タサキ対日テレ

image/kanagawa2shin-2004-12-29T15:55:01-1.jpg

試合終了、タサキ1ー3日テレ。

寒い!これ以上打てません!

posted by けい@かながわ2信 at 15:55| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の西が丘より・全日本女子選手権準決勝 タサキ対日テレ

84分、エリア右からドリブルしてきた鈴木がそのままシュート、見事決まってタサキが1点返す。
posted by けい@かながわ2信 at 15:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の西が丘より・全日本女子選手権準決勝 タサキ対日テレ

44分、エリア内右から澤がシュート、相手DFに当たり、GKの頭を越えて日テレがラッキーな追加点。
さらにロスタイム、日テレの中央遠目のFK、浮き球をGKがファンブル、荒川が抜け目なく押し込んで3点目。
前半だけで日テレが3点リード。

3センチくらいの雪がピッチに積もり、サッカーと言うよりは球蹴り。
その中、日テレ選手の方が足元がうまいみたいで、タサキよりは球を扱えてる。
それと、奪った球を早めにタサキゴール前に放り込むんで、前半はタサキ陣内でのプレーが多い。
タサキは受け身になっててなかなかいいところに球を運べない。

中盤がないんで目立ったプレーはないが、澤の球の扱いのうまさと体の軸がぶれない強さは際だっている。さすが澤。

雪のピッチなんでほとんどがイレギュラーボール。後半何が起きてもおかしくない。
posted by けい@かながわ2信 at 14:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の西が丘より・全日本女子選手権準決勝 タサキ対日テレ

29分、右サイド、雪で球が転がらない状態をうまく生かしてエリア内にドリブルしてきた大野がクロス、ボンバー荒川がうまく頭で流し込んで日テレ先制!
posted by けい@かながわ2信 at 14:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本女子選手権準決勝 タサキ対日テレ

image/kanagawa2shin-2004-12-29T13:50:19-1.jpg

雪の西が丘、今キックオフ!
posted by けい@かながわ2信 at 13:50| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

堀内孝雄、歌下手杉

相手はドイツってことで微妙に大物だよ!と思ったのに・・・

音はずすわ、声でないわ、最後は歌というより絶叫に近いものがあったような気がしたのはオレだけですか?
相川七瀬も酷かったが、堀内孝雄もめちゃ酷い。
君が代「裏」2トップじゃ。
ちなみに今年オレが一番うまいと思った君が代の歌い手は島田歌穂。


横国にいることはいたが、運営ボラでキリンのリサイクルカップの分別案内をしてたもので、試合は見てないという方が正しい。
VTRみたら、見事に遊ばれてましたねジャポン。
所詮、事ー故日本はアジアレベルってことか。これなら最終予選は安心だ。
ま、本戦でブッチギリでグループ最下位になりそうなヨカーン。

ボラ活動終わったら、今日のプログラムがタダで貰えた!ラッキー。


そうそう、1/29に横国で壮行試合のカザフ戦をやるみたいですよ。
もうガイシュツ?


そうだそうだ思い出した。
スタンドで物を飲み食いするのはかまわんが、ゴミ箱がちゃんとあるんだから、空容器とかコップとかはせめてゴミ箱まで持ってきやがれっつーんだ!
どうせ、最終予選になるから応援がどうこうって論議になるんだろうが、その前にやることやってくれ。
以上。
posted by けい@かながわ2信 at 00:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

12/12,15 天皇杯5回戦

鹿島3V2川崎
鹿)79ファビオ・ジュニオール、86野沢、105中田  川)6我那覇、65久野

横浜0−5G大阪
浜)  G)27,44,57,78,79大黒

浦和3−0湘南
浦)10,29田中、84長谷部  湘)


横浜1V2草津
東京V2−1名古屋
大宮3−6FC東京
札幌1−0大分
群馬1−2磐田

グォ〜!惜しいぜ川崎!
現地からのメールで残り10分くらいまで勝ってるのを知ったときは、そのままでと願ったのだが・・
横浜は、なんかG大阪とというより、G大黒と戦ったってな感じだな。
神奈川最後の砦・湘南も飛車角落ちの浦和に虐殺され、見事リベンジを果たされる。
これにて、神奈川J2祭りはあっという間に終了。

5回戦最大のサプライズは、草津のVゴール勝ちですな。
途中からテレビ観戦してたが、後半は鞠にサンドバックにされ、糞審判(参考リンク)の糞偏向ジャッジのおかげで2人退場にはなるわ、PKを2発も見逃されるわと散々な環境だったにも関わらず、この結末は素晴らしいの一言。
満身創痍で闘う草津イレブン(最後はナインか)の姿にはホント感動したよ。
小島のノブさんも、右膝が本当に痛そうなのに、ひたすら味方を鼓舞して闘っていた。かっこいいぜ、オヤジ!
最後の依田のVゴールには身震いしたね、ホントに。

鞠は出てきた面子が1.5軍クラスだったことを差し引いても、やはり王者のプライドか、きれいにスマートに勝とうとしてる感じがあった。ここでチャンスをもらった若手達でさえ、泥臭さとか勝利への執着ってのを忘れてるような雰囲気だったな。

技術ではなく、気持ちで闘った草津、これはこの天皇杯、応援しなきゃダメでしょ。


5回戦の結果により、生き残ったJ2勢は札幌のみ。
リーグ戦は連勝皆無の最下位だったのに、この快進撃はなんだ?
J1昇格を決めた大宮は、あの堅守貧打が嘘のような6失点3得点。鴨池にいたのはホントに大宮だったのか?

でもって、唯一のJFL勢として草津が残ってます。超ガンガレ、ザスパ草津!

この結果を受けて、準々決勝の組み合わせ・開催地は以下の通り。

草津−東京V (長崎)
鹿島−G大阪 (鳥取)
浦和−FC東京 (埼玉)
札幌−磐田  (丸亀)

開催日は12/19、キックオフは長崎・鳥取・埼玉会場が13時、丸亀が15時から。

posted by けい@かながわ2信 at 23:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

証人喚問中継の如し

<J1入れ替え戦 第1戦>
福岡 0−2 柏

・大野のラッキーループゴールに限る。以上。


・ていうかだな、J初のストリーミング生中継とか言って、結局どこもかしこも静止画か下手すると音声だけというラジオ状態になっちまったこの醜態、どうしてくれよう!
・よーし、歴史的瞬間見ちゃうぞーとパソコンの前に座ってみたはいいが、リカルジーニョだかエジウソンだかのうつむいた表情が何分も表示されっぱなしってのはいかがなものか。
・結局、どこかの有料ストリーミングにクレカで速攻加入したら、サックサク〜ってな感じで見れたけど、期待してないけど画質悪すぎ。
・せめてスカパー!くらいに放映権買ってもらいなよ・・・

・で、その落とし前とか。
posted by けい@かながわ2信 at 00:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。