2004年11月18日

反日と騒ぐ暇があったら

自分たちの足下を固めろってこった。

<2006ドイツW杯アジア一次予選最終節>
第4組の結果
中国 7−0 香港
クウェート 6−1 マレーシア

この結果、中国とクウェートは勝ち点で並び、得失点差でも並び、総得点で1点上回ったクウェートに凱歌があがる。
従って、前回W杯出場の中国はあえなく1次予選でさよーなりー。

噛みしめた唇の際が、ククッと思わずにやついちゃいますねぇ。ふっ。
posted by けい@かながわ2信 at 01:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すっかり浸透、ジーコイズム

<2006ドイツW杯 アジア一次予選最終節>
日本 1−0 シンガポール

・ヤフオクとかでチケが英世1枚程度になってたら行こうかなと思ったが、わざわざ探すのもめんどくさくて結局テレビ観戦。それが賢明な判断だったと自己満足出来た試合でした。

・やれ代表の功労者を呼ぶなどなんだのとすったもんだの末、招集されたのはいつものメンバー。とりあえず控え選手を試合に出しては見たものの・・・
・まともに消化試合だぴょ〜ん!ってな感じで、やる気がちっとも感じられない90分でしたな!寒い夜の消化試合、選手だって人間ですもの、体が資本ですもの、怪我したくないもんねー
・選手が動かない、ボールが動かないってのは、もはやこのチームのデフォルトですか?俊輔とかその辺りがいなければ何も出来ませんか?
・このチームでの控えってのはレギュラーを虎視眈々と狙う虎達の集まりかと思ってた私がバカでした。試合に出れてもろくにアピールできない、ていうかしようとしない集団。つまり、青いユニフォームを着てベンチに座ることが確約されている今、余計なことして新しい選手に奪われたら大変でしょうね、そういうことでしょうね。

・だいたい監督も監督だよ。5戦全勝であっさり1抜けを果たし、このシンガポール戦が消化試合になったというのは1ヶ月前に分かっていたこと。
・ならば、やらなければならないこの試合を、最終予選以降のためにどのように有効利用するか、どのようにしてこの試合に出る選手達に活気を持たせるか、目的を与えるか、そういうことを考えるのが監督の仕事でしょう?
・それが、最初に考えついたのが「ベテラン選手お疲れ様会」。それが世間の理解を得られずポシャったら、もーどーでもいーやとばかりにいつもの面子。監督がやる気出す姿勢、目的の植え付けを行ってないんだから、選手達だってそりゃ動かないよ。
・笛吹けど踊らずという言葉があるが、笛を吹いても踊らないことがあるんだから、笛を吹かなきゃ踊るはずがない。
・笛吹きにふさわしくない人を監督に据えるの、いい加減にやめてくれませんか?
・今は幸運続きで負けてない。でも、いつかこのつけは大きなものとなって返ってくる。

・国歌斉唱、夏木マリでしたっけ?袖無し、はみパイ、ちょっと季節にあってなかったッスよ。アレンジもやめてちょー。
・松田が妙に鼻息荒く前線へガシガシ上がっていってたな。元気があったのは松田くらいか?
・本山、ゴール前のこぼれ球、ちょっと足に当てれば余裕で入ってた場面。わざわざ立ち足の方で蹴る?のはやめてけれ。軸足シュートなんて高度な技、ロナウジーニョだってはいらんわ。
・前戦で退席処分を食らった鈴木通訳の代わりに本当に三都主が通訳役をしてたってのはあまり笑えません。ポルトガル語話せりゃ誰でも代表?ディヴィッドソン・純・マーカスとかシュナイダー潤之介は多分英語専門だから代表入りは厳しいですね。
・招集メンバーがあまりにいつも通り過ぎて、ちょっと目新しいのがクソガキだけで、仕方ないから放送中クソガキを猛プッシュするしかなかったT豚Sがちょっと不憫。

・こんな試合だったらよっぽどカズゴンでも出してくれた方がマシだったとか思わず書きたくなったが、アナザーワールドでカズゴンが出てたとしたら、その世界でのオレは多分猛烈な批判文を書いているだろうから、この文は取消。
・早い話がジーコが嫌い。なにげに解任デモにも実は参加してた。

posted by けい@かながわ2信 at 01:42| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

もはやバカにつける薬無し

ジーコ監督、自説を主張 代表への功労者招集で(スポナビ)


唖然・・・


「勝ちに行く」と常套句を繰り返しながらも、「勝利を絶対視しない『フェスタ』」と本心丸出し。

「招集候補には三浦知(神戸)中山(磐田)秋田(名古屋)沢登(清水)小村(広島)」・・・彼らが悪い選手とは思ってないが、現実を見たら2年後に戦力になってるとは思えませ〜ん!(下手すると引退してるかも)
反論されちゃったから、とりあえず三十路オーバーの選手を片っ端から挙げてみただけじゃねーの?ガキの喧嘩かっつーの。
だいたいね、三十路集団と言えば、かつて高齢の4バック(秋田もいたよな)を一気にバッサリ切ったのは誰だったっけ?

若手招集には、「(格下の)シンガポールではテストの機会にならない」って、その格下に苦戦した国の大将さんはどこのどいつですか?(まあ、次戦はホームだから、そのときとはイコールではないが)
ちょっとやばそうな国相手だと、「勝ちに行く」って言って(たとえ消化試合でも)テストの機会もなく、格下だとテストの機会にならんって・・
要するに、結論は「テストなんてやらないよ」=「若手なんて試さないよ」ということかね?


お願いだから、そのままブラジルに帰ってて下さい!
ホント、日本に戻ってくるな!


ボンバー、もっと言ってくれ!同時に粛清されないでくれ!
posted by けい@かながわ2信 at 02:58| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

フットサル日本代表、初めての国内試合決定!

フットサル日本代表 壮行試合

というわけで、11/21より台湾で行われるフットサル世界選手権に出場する日本代表の壮行試合が、11/13,14と計2試合行われます。相手は2試合ともアルゼンチン代表。

11/13 18:00〜 幕張メッセ内・幕張イベントホール(こちら
11/14 19:00〜 駒沢オリンピック公園・体育館(こちら

相手のアルゼンチンは、どうやら南米予選1位通過の強豪。当然世界選手権にも出場するわけです。もまれてしまいそうですが、それもまたよしでしょう。

そして、フットサルの日本代表が青いユニフォームを着て国内で公式戦をするのは、今回が初めてです。今までだって、海外での大会でやっていて、確か3度世界選手権への道を絶たれていますな。
また、去年はSARSの影響により、日本で初開催のはずだった世界選手権も返上されてしまい、お披露目の機会は幻に。

世界選手権では、21日にパラグアイ、23日にイタリア、25日にアメリカと、計3試合の予選リーグを戦います。2戦目のイタリアは確か前回の世界チャンピオンだっけ・・

とにかく、この壮行試合が日本での見るフットサルの礎になるはず。
頑張って欲しい!

※11/13、14とも昼間に天皇杯が関東各地で行われるので、はしご可能!
※ひょっとして、フットサルの有料試合も今回が国内初かも?
posted by けい@かながわ2信 at 23:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

W杯1次予選最終戦 『35歳以上の代表経験者』は『いる?』『いらない?』

と題して、風子さんところがアンケートを実施しております。
(なお、blogがない方は、こちらで投票も可とのこと)
なるほど、トラックバックにはこんな使い方もあるのか、と感心しました。
(え、これって常識ですか?・・;)

で、かな2的な立場を表明しますと。
・W杯1次予選最終戦 『35歳以上の代表経験者』は『いる?』『いらない?』、という聞き方だと、ちょっと微妙ですね。
・『35歳以上の代表経験者』でも、バリバリ点を取れていて、或いは相手のどんな攻めも軽くはね返しちゃうような、そういう選手なら年齢は関係ないんで、いりますね。

・・・と屁理屈をごねるのはこれくらいにして、爺故のやろうとしているのはまさしく「代表引退試合」、すなわち「お前らはもう代表レベルじゃないんだよ〜ん!」というレッテル貼りイベントを大切なW杯予選でやるってことですから。
・そうなれば断然「NO!」です。
・例えば、カズとゴンの今季これまでのゴール数を足しても、日本人得点ランクトップの大黒の1/4にしか及びません。
・だいたい、現役サッカー選手である限り、代表ってのはその時の実力でもぎ取るものだし、それが選手個々のプライドだと思います。お情けでブルーのユニフォームを着せてもらって選手達が喜ぶんでしょうか?
・またサポの立場でそれを支持することは、自分らで自国のヒーローに泥を塗る行為だと思いますよ。
・その辺のこと、爺故とか自称キャプテンには分からないのかな・・・

というわけで、「いらんわ!」の方にトラックバック!


鈴木チェアマンがんがれ!
posted by けい@かながわ2信 at 14:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遙か遠い国での話

関東の東のはずれ・鹿島國でこんなことがあったそうです。


(´-`).。oO ふぅ、川の向こうは随分殺伐としてるんだね・・・

(´-`).。oO そういや最近めっっっっきりお菓子杯とは無縁だもんな、うちらは・・・

(´-`).。oO チケットだっていつだって配るほど余ってるもんな・・・

(´-`).。oO あーあ、たまにはこんなトラブル起こせる身分になってみたいよ・・・



来年、そんな魔の巣窟に川崎はまた足を踏み入れるわけです。
さて、なじめるんでしょうか・・

なんかすぐにこういう空気が懐かしくなるような。


※10/20昼追記;
こちらにも詳しい目撃情報があります。鹿島國ではこちらの「常識」は通用しないらしい・・・南無阿弥陀仏・・(-人-)

※10/22追記;
最初にこの件について書いたブログが管理人さん自らの意志で閉鎖するそうです。
また、鹿島やぴあでは該当する不正の事実はなかったと発表しちゃいました。(鹿島ぴあ
いったい何が本当で何が嘘なんだか・・・まちこ事件の再来か?
話を作ろうと思えば作れるし、不正を隠そうと思えば隠せるし。なんだかよく分かりませんわ。
どっちにせよ、やはり神奈川J2にとっては「川の向こうの話」です、ハイ。
posted by けい@かながわ2信 at 03:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

日本代表はジーコのおもちゃではない!

すごいプラン!?
カズ・ゴン代表復帰!ジーコ仰天人事
ジーコ監督の仰天プラン、カズ&ゴンを招集
カズら代表招集へ、30代選手リストアップ

もう、何考えてんだか・・

次の一次予選最終戦のシンガポール戦、消化試合になったから今度こそ大黒を始めとした代表予備軍の登場だ!と思ったのに・・

今更ドイツには縁がなさそうな奴出して、どんな財産を蓄積しようって言うんだ!

日本代表を強くしていくのが代表監督の務めでしょうが?
今時旧世代の選手を出して、どうやって強化するつもり?
今後も彼らを選び続けていくの?そんなつもりないでしょ。代表引退試合だもん。

連携、戦術の熟成は?
バックアッパー達の経験値はどうするの?
誰が出ても負けないと思われるシンガポールが相手であっても、そこは公式戦、やらなきゃいけないことはたくさんあると思う。
(仏W杯時のメンバーで闘っても、多分シンガポールを圧倒できるとは思う)

このシンガポール戦を逃したら、多分今ノリにのっている若手達はモチベーションを無くして沈んでいってしまうだろうね。
どんなに結果を出していても選ばれることはないんだと。

なんでこんなバカ監督と運命を共にしなきゃいけないんだろう?
そして、なんでこんな間抜けなプランを賞賛する自称キャプテンとやらについていかなきゃいけないのだろう?

ここずっと代表の試合前になると、勝ってもらうと困るが、負けたらそれはそれで困る、ってずっと思い続けている。
心の底から応援できないんだよね。誰かさんのせいで。
母国の代表なんだから、いい加減100%応援できるチームに欲しいよ、ホントに。
posted by けい@かながわ2信 at 17:30| ☀| Comment(5) | TrackBack(8) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

通訳三都主

<ドイツW杯 アジア一次予選>
オマーン 0-1 日本
得点)52鈴木隆行(日)  
退席)65鈴木通訳(日)

・とりあえず、最終予選進出決定。おめ。
・負けると突破が厳しくなる状況のもと、とても現実的なスコアと内容でした。巧!

・ネタ的には通訳退席により三都主がジーコジャパン真のデビューを果たしたところでしょうか?
・なんであの場面通訳だけ退席だったんだろう?世界のジーコということで、主審怯んだか?
・その後交代がロスタイムまでなかったのは、きっとジーコの言葉がベンチでは誰も分からなかったからに違いない。やっと分かったときには、げ!ロスタイムじゃん・・・;
・やっぱり通訳は次戦出場停止?

・肝心の試合は、これまでの日本らしくない実に現実主義な試合。つまらんと言えばつまらん。勝てばいーのよ。
・前半からオマーンが前目に来るのは予想の範囲内でしょ。向こうはドローでもダメだからね。点取らないとね。縦への意識が強くて、ゴール前に押しかけるのが速かったし、遠目からでもガンガン打ってきた。
・前半の時間、ボランチの辺りで減速できれば良かったんだろうが、うまくいなせる奴がいなかったなぁ。福西一人じゃどうにもならんだろ。
・そこで両サイドハーフがうまくバランスを取って守備のフォローに入れればいいんだろうが、なんだかなぁ・・互いに互いを見てないんじゃないの?
・攻撃を全部最終ラインで受けてる感じだから結構怖かったな。
・それでも点を取られなかったのは、相手のシュートが日本以上にショボかったからでは?ミドルはみんなホームラン。近くも枠の外。能活が飛んだ場面あったっけ?
・攻め疲れしてくれて、前半の終わりくらいには日本のペースになりつつあったし、いい感じで0-0で終了。

・後半になって、オマーンは前半ほど動きにキレがなくなった感じ。スピードが落ちればやはり繋ぐ技術とか組織力は日本の方が上だね。ポゼッションが上がれば、日本はいつも結構有利に持ち込めていたから。まあ、2点は取られないだろうって感じが早くから漂っていたなぁ。
・しかし、ノーゴール師匠の確変ぶり、あれはなんなんですか!DFの背後からすごいスピードで飛び出してヘッド一閃!茸のクロスも素晴らしかったが、あんな華麗な師匠ありえない。
・1点取っちゃえばこの日の出来なら盤石だな。相手は焦ってるし疲れてるしで、えらく雑になってきた。パスにしてもトラップにしても、いろいろ。2点取らなきゃ上には行けないわけだからね。
・危なかったのは、57分の能活と宮本が交錯してポロったところを、無人のゴールに向けて相手に打たれたシーン。田中が真正面で止めてセーフだった。田中GJ!
・ていうか、あの広いゴールマウス、何もDFのいるところにピンポイントで打たなくても・・・とりあえず、オマーンは次回W杯予選までにシュートの精度上げて出直してこい。
・あとは、そんなに危ないシーンもなかった。余裕を持ってオマーンの攻撃を受けていたしね。ボンバー中澤がこの日もよく止めてたなぁ。決定的ポカが多い宮本とか、今日はよく振り切られてた感がある田中に比べて、安定感があった。
・中盤はまあそこそこ。ゆとりさえあれば、茸とか伸二のテクはアジアレベルでは無敵だね。サイドは・・他に人いるだろ。特に右。
・FWは結果出してナンボ。師匠はよくやった。高原はもう少し前の意識欲しいなぁ。ドラゴン久保が万全なら、久保の方がいい。

・確かにチームとしては成長してる感はあるな。戦術はともかくとして、ちょっとやそっとじゃ動じなくなった感じ。メンタル面では今までの代表から言えば一、二を争うレベルではある。
・数年前なら、アウェイでの大一番で1-0でサクッと逃げ切るなんていうプランは出来なかったと思う。終盤になるとワタワタ慌てて・・というイメージだったような。
・勝てば官軍的なサッカーになってきたのはある意味ドイツへの道が近くなったわけだから、それはそれでいいのだが・・

・ならば、何もジーコじゃなくてもいいんじゃないの?確か奴の目指したサッカーは、「黄金の中盤」とか何とかと言って、スペクタクルな魅力あるサッカーだったはずだが。
・それが今じゃ現実主義的なサッカー。戦術面では魅せるところ何も無し。いつも魅せてるのは茸の足技。伸二のパス。ヒデの現場監督ぶり。
・まあ、最終的にはドイツに行ければ何でもいいと言えばそれでいいんで、要は勝ちゃいいんだけど。ただ、そんなサッカー、日本の財産になるんだろうか?

・とりあえず、11月の一次予選シンガポール戦のホームはめでたく消化試合になりました。絶対に負けられない闘いがそこにはないので、いい加減サブの選手を使って下さい。欧州からも呼ばないで下さい、その日くらいは。

・どーでもいいが、今日のオマーン戦みたいな試合こそが「絶対に負けられない闘い」だよな?間が悪いな、テレ朝は。<FIFA主催のため放映権無し


====追記====

ああ!今回も出動しているぞ、日本の最終砦!
ご苦労様であります!
posted by けい@かながわ2信 at 03:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

トッティに介護されたい!

トッティが介護ボラしたらしい(serieA.jp)

トッティって言ったら、あの「ローマの王子様」だよ!
まあ、思いっきりネタにもされている人物でもあるんだがね・・

そのトッティや他のイタリア代表選手達が、イタリア選手協会の慈善事業で高齢者介護施設(老人ホームか?)にボランティアをしに行ったらしい。
そこで、トッティが利用者さんの食事を介助したとか。

すげー、すげーよトッティさん!

かつて老人ホームで介護員をしていた身にとっては、その状況がいかにビックリ仰天なことかが身にしみて分かる。
ましてや身体介護なんて、なかなか人にはやらせないものだったりもするし。
トッティ、誤嚥させなかったか?
(※誤嚥=食べたときに、食べ物が食道じゃなくて肺の方へ間違って入っちゃうこと)

それはともかくとして、なかなかスーパースターがこうして介護のヘルプをしてくれるなんてあるもんじゃない。
少なくとも日本ではあんまり聞いたことない。
友人の施設では、桜の大久保らが訪問して子供達と遊んでいくらしい。
あと、川崎の岡山なんかもサンタのかっこうして病院を訪問したこともあったはず。
しかし、トッティ達のそれって、まるまるヘルパー2級実習レベルッスよ。
イタリアってすごいというかおおらかというか・・いや、でもすごくいいことしてる。

だいたいね、トッティが老人ホームに来たら、オレなんかその日仕事になんないよ・・・
日本代表もキャバクラ(<古!)なんぞ行ってないで、ボランティアしなされ。
posted by けい@かながわ2信 at 20:08| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょちょちょ、湘南はなんでビックオマル逝きなんだよっ!ヽ( `Д´)ノ

天皇杯4回戦の組み合わせが決定しました。

神奈川J2関連ですと・・・

川崎−神戸 11/14 13:00/等々力 ==>勝つと、5回戦は水戸−鹿島の勝者と
横浜−広島 11/14 13:00/三ツ沢 ==>勝つと、5回戦は鳥栖−G阪の勝者と
湘南−新潟 11/13 13:00/新潟ス ==>勝つと、5回戦は福岡−浦和の勝者と

(゚Д゚)ハァ?

なぜに新潟??何が悲しくて新潟なんぞに送られなきゃあかんのだ?
今年は3回戦勝者に選択権があるんじゃないのか?
放棄?取引?今のところ、わけ分からん。
理由が知りたい也!!


で、他の所。
<J1ご一行様、J2の巣窟へいらっしゃいませ〜>
山形−横M 11/13 13:00/ベスパ
京都−東V 11/13 13:00/西京極
仙台−F東 11/13 13:00/仙台
鳥栖−G阪 11/13 13:00/鳥栖
水戸−鹿島 11/13 13:00/笠松
佐川東京−磐田 11/13 13:00/味の素
甲府−大分 11/14 13:00/小瀬
福岡−浦和 11/14 18:00/博多球
札幌−市原 11/14 13:00/室蘭

…ベスパとか小瀬とかで何かありそうな・・・博多の森だけ日曜ナイターってそりゃ浦和サポを埼玉に帰さない作戦?
とりあえず、佐川東京はまた殺っちゃってくださいな♪


<返上かよ!>
群馬−木白 11/13 13:00/日立台
草津−C阪 11/14 13:00/長居
ホンダ−名古屋 11/14 13:00/瑞穂陸
大宮−清水 11/14 13:00/日本平


…群馬勢は連チャン開催かと思いきや、どちらも返上。せめて草津だけでも地元でやらないかなぁ・・ちなみに草津は2戦連続して大阪遠征(前試合は長居第弐)。
大宮はなんで返上しちゃったんだ?現在堂々のJ2・2位なのに。
posted by けい@かながわ2信 at 19:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

あの人の絶叫で・・・

<アジアユース選手権3決>
日本 1-1PK シリア

・あのー、そのー、実は見始めたら速攻でうたた寝モードに入って、全然試合見てないんですが・・
・とりあえず、誰かが叫んでたので飛び起きたら、増島が見事なオウンゴールを決めていて鬱になってまた寝た。
・この時オレを起こしてくれたのは、実況か、それとも松木サポーターか?まあ、どっちでもいいがやっぱりあなた達うるさいです。

・で、増島・・・お前さん、この前のPK失敗といいオウンゴールといい、なんか取り憑かれてんな。帰国したら御祓いしてこい。
・次の五輪での出場資格があやふやなんであれだが、この先4年間の増島が、前の五輪世代で気がついたら全く候補のこの字にもあがらなくなってたDF羽田(鹿島)の姿と早くもダブりつつあるのはオレだけか?(もっとも羽田は怪我によるマイナスが大きかったけど)
posted by けい@かながわ2信 at 03:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

評価すべきかしないべきか

<アジアユース選手権準決勝>
韓国 2-2PK 日本

・実は放送開始の前にうっかりネットで結果を知ってしまい、あの壮絶な試合から考えたら相当悶絶できただろうに…と思うと、なんて間抜けなことをしたのだろうと。残念…

・流れから言えば勝てた流れだし、内容を見ればノーマルな状況では負けても不思議はない内容だし…
・前半、中盤を完全に制圧されていた。前のカタール戦もそうだったが、中盤で勝てない代表って最近の年代ではあまり見なかった感じが。
・話題になってる選手って意味でとれば、FWだけが有名なのも最近ではあまりなかったんでは?
・今野みたいな守れるボランチがいない。うまいけど線が細くて力強さがあんまり感じられないのばかり。
・あと、平山もなんかただの電柱になりつつあるような気がしてならない。
・まあ、平山中心で行くならサイドからクロスを入れて平山に打たせるとか、完全な平山シフトでもやらないと、中途半端に前線にいるだけであんまり意味ない感がする。
・それにしても、ポストが下手なのか、ポストを周りが生かしてないのか、とにかく平山頼みのチーム作りは危険だと思う。
・とは言え、1得点1アシストという結果はさすが。やはり、大学なんてやめて早くプロ入りした方が本人のためでしょ。大学なんぞ、プロをリタイアしてからだって入れるんだから。

・評価すべきは、ロスタイムに二度ゴールをたたき込んだこと。
・日本とロスタイムと言えば、日本が入れられるのがお家芸だっただけに、負けたとは言えこの粘りはあとあと精神的な面でプラスになるはず。

・19歳以下代表だからこれからの伸びしろを考えれば、選手たちがここで完成されてなくてもかまわない。韓国だって、あんなに体力がないとは思わなかったし。これから伸びるんだろうな。
・一方、監督はどうか?大熊監督と言えば、あの試合中の絶え間無き大声での指示がお馴染みだが、あれがなにげに害では?
・大声がうざいんではなくて、常に指示が送られるということは、選手たちが指示待ちになって自分たちで考えなくなりそうな気がする。
・監督のシナリオ外のことが起きたらどこまで自分たちで考えて打開できるか?若い世代だからなおさら不安になる。
・世界ユースに行くにあたって、頭脳力を伸ばせるような監督が必要だと思ったな。

・あと、PKを一発目にはずした増島。悔しいのは分かるが、腕章を巻いてるんだから、はずした後もずっと天を仰いで呆然としているようじゃ頼りなさ過ぎ。
・今後も腕章を巻きたければ、精神面を何とかして欲しいね。
posted by けい@かながわ2信 at 23:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

世界への切符、つかんだ!

<アジアユース選手権 準々決勝>
日本 0−0(PK)カタール

・内容はともかく、とにかく勝ててよかった。勝つと負けるとでは大違いだったから。
・試合を通して、日本らしいプレッシングとかつなぎとかはあんまり見られず、後ろのほうで守らされていたから、正直勝てる気がしなかったよ・・・
・おまけに、審判は中国人だからか、日本には厳しい判定ばかりしてた感じだし。
・日本は誰が良かったんだろ・・?0点で切り抜けたからDF陣は良かったんだろうな。カバーリングは結構きっちり出来てたような印象あり。
・あと、GKの西川は反応はいい感じ。前にこぼしてちょっと怖い場面もあったような。
・ボランチのどっちかがつぶしにいけるタイプじゃないときついかもなぁ。あそこでプレスがかからないと、カタールが相手でも身体能力的についていけない感じがある。
・結局、どの世代においても中盤でガンガン相手をつぶせればいけるし、つぶせないと危ない場面が増えるのは、もはや日本の伝統か。

・実況、バカの一つ覚えみたいに、森本、平山のオンパレードだなぁ。あと松木親父の超ポジティブ解説。あれだけを聞いてると日本がいいサッカーをしている気になるけど、実際見てたらグダグダでした・・・

・こういう内容がやばい試合でも、勝利という結果を残して世界へ行けるのは、これからやってくる五輪とかW杯なんかの為のいい経験値になるのは間違いない。
・次は日韓戦。どうしても、こことはやらなければならない運命にあるみたいだ。こうなったらここでつぶしちゃいなー!
posted by けい@かながわ2信 at 03:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

サポは年間どれだけのお金をサッカーに貢いでるか by かな2

鯆組Blogさんで面白い計算をされていたんで、オイラも影響されてみました。
「サポーターは年間どれだけのお金をサッカーに費やしているか」

この企画、元をたどればぱるるアンテナさんの「エスパルス係数チェック」に行き着きます。
読ませてもらうと・・夫婦で一月5万円ですか・・すごい、愛情が金額となって表れております!


さて、ではオイラの場合。


『川崎』=ホームは16試合観戦

・入場料等¥20000・・後援会費¥2000 シーチケ代¥18000
・グッズ代¥41500・・ユニ2着¥36000 Tシャツ1着¥2500 MDP¥3000(¥200×15戦/1回買い損ねた)
・交通費 ¥ 5600・・ガス代¥3200(¥200×16戦/片道約30km) 第三京浜¥2400(¥150×16戦/片道のみ)
・飲食代 ¥21000・・食ったり食わなかったりで1回¥1000で計算 HUB代¥5000

計¥88100

げげ!マジ?


『湘南』=ホームは7試合観戦

・入場料等¥11400・・サポクラ費¥3000 チケ代¥8400(貰ったりも多くて、1戦あたり¥1200くらいかと)
・グッズ代¥10000・・ユニ入り福袋¥10000
・交通費 ¥ 1750・・ガス代¥1750(¥250×7戦/片道約35km)
・飲食代 ¥ 7000・・食ったり食わなかったりで1回¥1000で計算

計¥30150

び、ビミョーだ・・


『横浜』=ホームは1試合観戦

・入場料等¥1600・・チケ代¥1600(売ってもらった)
・グッズ代¥ 0・・何も買ってないし
・交通費 ¥ 150・・ガス代¥150 (¥150×1戦/片道約20km)
・飲食代 ¥ 0・・キュウリすら食べてません

計¥1750

ご、ごめん・・(´・ω・`)


そういうわけで、神奈川J2系ホームonlyで

計¥120000!

うわ!数字にすると結構くるなー
しかも、これは最低限これだけは使ったという数値。だって忘れてる出費があるはずだもん。
その上、アウェイに代表戦にその他諸々に・・・く、クラクラしてきた・・
こいつらはまた後日に計算しよう・・..zzZZ
posted by けい@かながわ2信 at 02:48| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

普通に使ってますが何か?

日本代表[2ちゃん語]テスト(現代サッカー様式学会)

サポティスタを見てたら、こんなのがあったから早速見てみた。

ほ、ほとんどこれらは常識と違います?え、そうでもない?
(ただ「エレ松」は初めて知った)

ついでに指摘すると、「ヤナガシワ」はヘナギがイタリア戦でゴールしたときに、イタリアの実況が「やなぎさわ」って読めなくて、「ヤ・ナ・ガ・シ・ワ〜!」って絶叫したことに由来するはずだが?

まあ、ろくな呼び方がないな、当たり前だが。
で、神奈川J2系だと何があるかなと考えてみた。

川崎;馬神、八月神、ヘナハ、原理
湘南;PJ、×T
横浜;(゚Д゚≡゚Д゚)、(`・ω・´)、(*・ー・)

思いついたのはざっとこんなもんかなー。
ろくな呼び方じゃないのも混ざっているが・・・
しかし、ヘナハはもうほとんど絶滅したが、ヘナギは未だに主流だもんな。さすがだ。
posted by けい@かながわ2信 at 15:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

9/26,27 J2第36節

水戸1−2川崎 
水)47関  川)26,71マルクス

横浜1−1札幌
浜)38山尾  札)88田畑

湘南1−1甲府
湘)21柿本   甲)66長谷川


山形2−1鳥栖  
仙台0−1大宮
福岡1−3京都



1 川崎 87 +52 確定!
2 大宮 63 +14
-------↑J1自動昇格↑------------
3 山形 60 + 9
======↑J1入れ替え戦↑==========
4 京都 56 +13
5 甲府 54 +11
6 福岡 52 + 5
7 仙台 50 - 4
8 横浜 42 - 3
9 鳥栖 33 -25
10 湘南 30 -22
11 水戸 29 -22
12 札幌 25 -28

川崎、4度目の正直でやっと昇格!それでも8試合残しての昇格はJ最速。
次節横浜戦では、引き分け以上で優勝も確定。
2位争いは、ここ数戦大宮と山形が凄まじい伸び。
仙台に次いで、残り8戦で3位と3試合差になってしまった福岡も脱落か?
甲府もボーナスステージを取り逃し、首の皮一枚の状態に。
そんな中、引き続き地味に年間ドロー記録を更新中の横浜・・
posted by けい@かながわ2信 at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

略称は「なリーグ」。

Lリーグ、愛称は「なでしこリーグ」

さてと、「E電」と同じ運命を辿るのは、「Lリーグ」か「なリーグ」か・・・

※「E電」を知らない人はこちら
posted by けい@かながわ2信 at 18:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

これが最先端をいくサッカーゲーム

image/kanagawa2shin-2004-09-14T02:18:05-1.jpgimage/kanagawa2shin-2004-09-14T02:18:05-2.jpgimage/kanagawa2shin-2004-09-14T02:18:05-3.jpg

そうそう、カナダ帰りの友達からおみやげをもらった。早く「手放したい」と言われて渡されたが…

説明書きの絵の少年が切ない。
posted by けい@かながわ2信 at 02:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

【W杯一次予選】無効試合の方がネタ的にはおいしい

<W杯アジア一次予選>
インド 0−4 日本

・気温30度、湿度87%というサッカーするにはとっっっってもふさわしい環境の元で、客は10万人(でもG裏スカスカ)も入ったし、なかなかのアウェイ環境の元で、ちゃんとしたスコアを出したのはえらい。

・試合は、インドが超ベタ引き、ホームでもスコアレスドローなら勝ちも同然といったやり方だった。ユニの色も青だし、水戸を見てるかのようだ・・・
・それでも、スコア自体は44分まで動かなかったのは事実。ベタ引きで、且つ、日本選手が球を持てばうじゃうじゃよってくるDF、体を張るという言葉そのものの守備のインド。
・対する日本は前半は崩そうという意識が見られなかったなぁ。こういう環境でも、技術は最初の数分だけで明らかに日本が上ってのは分かったけど、サイドチェンジをしたり追い越しを図ったり等、相手を揺さぶろうという工夫が見られなくてすごくまったりとしてた。
・まあ、暑い気候の中だし、失点されるリスクは低いだろうと見て体力のセーブに努めた、と解釈しておこう。
・前半終了間際の得点は、三都主がテクを活かしてエリア内で2人抜いたところで勝負あったな。組織がダメダメでも個人の勝負に持ち込めば全然OKっていう例か。
・インドもここを無失点で折り返したら後半もっと面白かったんだけどね。

・でも、この試合、見所はやはりハーフタイムショーだったね!
・演目は「停電」!最初TVの画面に映ったときはギャグかと思ったら、マジだった・・・
・ロッカールームが暗くて選手が帰れないとか、マッチコミッショナーを探そうとしたら暗くて探せないとか・・W杯予選でなんつー壮大なネタだこと。
・日本のベンチ前で、人差し指にボール乗っけてクルクルむきになって回していたのは三浦アツだったのか?なにせ薄暗くてよく分からなかったがな。
・たまに映るベンチ前のジーコに、警官らしき人たちが入れ替わり立ち替わりサインを求めているのはワラタ。てゆーか、君たち仕事しろ!
・そのうち、停電が直らなければ試合は無効って情報が入って、それはそれでネタとしてはおいしいなと思ったオレは悪い奴だろうか?
・現地に行ってたらネタじゃすまないよな・・まして弾丸ツアーとかだったら。

・結局30分遅れで後半開始。前後半合わせて60分経つと試合が成立ってのは初めて知った。まずは最初の15分がカギ。
・その最初のリミット、60分に小野の直接FKが決まり追加点。よくよく見ると・・
・壁に入った相手選手が思いっきり逃げてるし・・・ポッカリ穴が空いた壁。そこを通過する低い球。あれじゃGK取れないよ・・
・逃げなければ単に壁に当たっただけの失敗キックだったのに。この時点で日本勝利は間違いなし。
・後半、だんだん相手が疲れてきて追えなくなると、とたんに日本のパスがきれいに繋がり始めてるし。寄ってこなければそれくらいはできて当たり前だな。まあ、インドクラスならどうせ後半はバテるだろうから容易に予想できた展開だけど。
・4点目の宮本のこじゃれたボレーはうまかった。ただ、実況が「現役時代のジーコと同じよう」・・て。あの時のゴールはもっとすごかったような。

・あんだけベタ引きの相手になかなか点を取れないってのはもはやお約束と化してるな。相手がガチで守りに来てるから仕方ないといえば仕方ないが、ならば何も3枚もDFはいらなかったんじゃないかと。こういう時は始めから4バックで良かったんでは?
・本山のトップ下は無理があるな。ボールボーイに混じって遊んでたんではないかと。
・アジア杯の時は結局チーム俊輔状態で作り上げてきた組織なのに、全くプレースタイルが違う本山にトップ下やらせてもそりゃ消えるだろうが。小笠原・藤田・小野といるのに、そこで本山を持ってくる意図がわからねえ。なら、始めから3トップでもやっときゃいいのに。
・FWもなんだか・・・FWだけというより、攻撃陣の互いの意図とかイメージとかそういうのが全然重なり合ってない感じ。確かに前半はゴール前を固められてたのはあるが、パスが連続して前方向に何本も繋がったシーンがほとんど無かった。互いに要求とかしないのかな?
・相変わらず、組織が整備されてない印象が残った。後半相手がバテてくれたから高い技術を活かしてきれいに攻められたけど、もっとレベルの高い相手に当たって容易に個人技が活かせなくなったとき、やはり崩すのは高度に整備された組織だと思う。最終予選を考えたとき、今のままで通用するのか・・・
・加地?あー、いつも通りの出来だったよ。あくまでも「いつも通り」。


・当然といえば当然なんだが、広告看板が日本企業だらけ。その中で「東京メトロ」ってのがなかなかツボに来た。でも聖地国立の最寄り駅は「都営」大江戸線ですよ。
・今時、フィーバーノバを使うようなAマッチがあるとは・・ある意味新鮮。
・田中誠と勘違いして藤田に「2枚目の黄色→赤紙」を出したシリア人の主審さん、まあ、中東の人から見たら、日本人なんてみーんな同じ顔に見えるんでしょうねそうですね。
・停電の原因は何だったんだろう?誰かが機械室でこけたら、スイッチが切れた、とか言ったらお茶目すぎなんだが。


※日本大勝は、このお方達のおかげだったのか!次回もご健闘のほどを!
posted by けい@かながわ2信 at 02:10| ☔| Comment(4) | TrackBack(5) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

疫病神はやっぱりオレでした…_| ̄|○

自らこんな発見をし、カミングアウトして以来、それなりにネタとして遊んで頂けたようですが、やっぱりやっちまいました…

このサイトを見て頂いている方はもう既にご存じでしょう。
記念すべき「関東外アウェイ遠征・10連続勝利無し」の記録達成!どうだっ!

一応これまでの経過を再び見てみると・・・

(最後の勝利)03.05.21○ 神戸ウ(U22ニュージーランド0-4U22日本)
 →さあ、未勝利開始!
1,03.06.08× 長居(アルゼンチン4-1日本)
2,03.06.21× 新潟ス(新潟1-0湘南)
3,03.07.02△ 鳥栖(鳥栖0-0湘南)
4,03.07.05× 博多球(福岡2-0湘南)
5,03.09.10× 新潟ス(セネガル1-0日本)
6,04.02.21× 三保(清水1-0川崎)
7,04.03.27△ 西京極(京都1-1湘南)
8,04.07.27△ 山形県(山形1-1川崎)
9,04.08.08△ 仙台(仙台2-2川崎)

そして、ここに記念すべき10試合目が!
10,04.09.04△ 小瀬(甲府0-0川崎)

川サポの皆様すいませんすいませんほんとにごめんなさいワインなんか飲んでる場合じゃなかったです!


さてと。
次はどこに行こうかなーっと♪
posted by けい@かながわ2信 at 01:32| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。