2006年01月04日

第82回箱根駅伝・復路/今年も箱根の「タイトロープダンサー」東洋大

毎年毎年、新年からそんなに心臓に負担かけさせてくれなくてもいいです・・
東洋の優勝が先か、オレが墓場に行くのが先か・・

最終総合順位10位。シード権ギリギリ確保。11位城西大との差、わずか10秒。
ゴール後、10位のくせしてテレビの前で万歳三唱してたのは勿論秘密だ!

芦ノ湖スタート時点で7位だった順位が、6区山下りで末上が2人抜いて再びトップ5に出現。
なんかこの山下りはいつもいいようなイメージがあるが気のせいか?
小田原での11位との差、4分14秒。+1分49秒。普通なら楽々安全圏入り。

そして、この小田原5位通過がある意味最後とも言える活気ある姿になるとは・・トホホ。
とは言え、7区も地味に6位をキープして平塚に飛び込んでるんだよな。
またこの区間で併走したのは、よりによって優勝したあの亜細亜。
平塚の手前で東洋をおいていった亜細亜が優勝、置いてかれた東洋がボーダーライン、なんだから。
平塚での11位との差、2分40秒。−1分34秒。貯金を潰す。ま、芦ノ湖とほぼ同タイムに戻っただけ。

そして8区。ここから東洋の自作自演劇が開幕・・!<余計なことするな
1年生松尾がやってもうたの区間18位。
もちろん順位は徐々に下がり、それにつれテレビに映る回数も減り、定点で確認するたびにひとつまたひとつ順位を落としていく東洋。
映像がなく様子はうかがえないが、明らかに遅い!
戸塚到着時、ありえないと思っていたシード権ギリギリの10位へ。沈没寸前
戸塚での11位との差、1分29秒。−1分11秒。それでも貯めに貯めた貯金が効いてる。
あと40qあまり。普通に走れば十分キープできるタイム差・・・のはずが。

9区今堀が一旦は9位早稲田に追いつき粘走を見せ、ナイスリカバリー!と思ったら、終盤いつの間に振り切られ、その後はダダ滑りの区間17位。
往路14位の日体、大東にも抜かされ、鶴見直前で映ってみれば、驚愕の12位・・・!!
ボーダーラインどころか2つ喰わないと上に生き残れないという、まさに想定外の事態に。
最大4分あった貯金をその後わずか60qほどで使い切るとは・・
ちなみに4分強となると距離にして約1.3q程度。新幹線車両が50両以上と言ったところ。

最終10区を前に10位日体大との差は20秒。
20秒ってのは縮まるときには一気に縮まるし、でも流れが悪いときには一気に拡がる実に嫌な秒差。そして、この時の流れはボーダーライン校の中では間違いなく東洋が最悪

が、10区を走ったキャプテン渡辺はだった!
多摩川を渡り蒲田までに10位に飛び込むと、品川では9位日体大をとらえ併走。
このまま2校で仲良く行ってくれれば・・・と思ったところに、後に区間賞を取る城西が9,10位争いに割り込み、東洋、日体、城西のうち2校が笑い、1校が泣くというこの3校の関係者以外はとっても楽しめる展開へ。
全く生きた心地がせん。
まあ、城西がハイペースで追ってきた分後でへばってくれないかなーという期待感と、向かい風に対して東洋が前2人を盾代わりして走っていたので、冷静さはあるかなーという感触はあったな。

その後、トップ集団へ映像が切り替わった後、早稲田が絡んでなかったせいで日本橋の辺りまで全くシード争いの中継がなく、うちのランナーは皇居で溺れてるんじゃないかと心配してしまったよ。
日本橋での映像が映ったときには、中央通りで東洋がスパートをかけ城西を振り落とした後の様子。いや、それでも十分歓喜でしたがね。
日体との競争には敗れたが、そのまま10位でフィニッシュ!
10位なのに胴上げやってたのは後になって考えればちと恥ずかしいが、この10秒差はほんと大きかった。

しかし東洋は毎年のようになぜか10区は鬼のように速いランナーが配置されてる。
今年も区間4位。
まるでどんな展開でも10区で挽回しないといけないということが分かっているかのようだ!

ともあれ、今年は暗い正月にならなくてよかった!


さて、優勝争いは順天堂独走が8区難波の脱水大ブレーキで一気に崩壊。
やっぱり今年も駒澤か・・強いところに運は来るんだなぁと思ったら、いつの間に緑の亜細亜が迫り9区で逆転。近年希に見るダークホース、大穴。
それでも10区では40秒しか差がなかったし、駒澤が自力を見せて再逆転するんだろうなー、亜細亜のアンカーは麿みたいだし・・と思ったのを見事に裏切ってくれました。
亜細亜大学初優勝おめでとう!あんなんで速いのかよ、と最初は嗤っていた亜細亜のアンカー氏、ごめんなさい。
自分のペースを崩さないことが非常に大切だということを身をもって見せてくれたよ。ナイスラン。

今年は良くも悪くも実力接近、戦国箱根。
首位は中継所単位では、中央学院→山梨→山梨→中央→順天堂(芦ノ湖)→順天堂→順天堂→駒澤→亜細亜→亜細亜(大手町)と、計6校。その間、日体が飛び出したり、東洋もちらりと首位に並んでたりする(w
区間賞では、中央学院・順天堂2回、山梨・亜細亜・東海・法政・城西・専修が各1回とえらいばらけよう。シード落ち校からは計4回出ている有様だし。駒澤とか中央は区間賞ひとつもないんだな。
前評判では東海、次いで駒澤だったようだが、結局以前の駅伝強豪校が下馬評通りの力を見せたときと違って図抜けた力をどこも持ってないことが明らかに。
亜細亜でも勝てるということは、調整がうまくいって10人が悪くても中位を保てるようであれば優勝するチャンスがここ数年は出てくるということだろう。

要するに東洋も優勝争いに絡めるんじゃないかと。
区間別で見ると、往路が5/2/4/8/15位、復路が4/13/18/17/3位。
驚くことにトップ5入りしているのが5区間もある!去年は10位以下が7区間ということを考えるとこれは大きな進歩ですよ。
これで、2桁順位区間を確実に9位以下でクリアできればかなり上は見える、はず。
単純にいえば安定してるランナーをあと5,6人揃えられれば悲願が成るんですよ。
今年は1,2年生メインだったので、強化と経験が積み重なれば、混戦なら一気に頂上も狙える、と思いたいなぁ。

まあ、なんとか10位に滑り込んだそばから難なんですがね・・・・
とりあえず、来年も正月の箱根路を東洋が走ることが決まって一安心です。
posted by けい@かながわ2信 at 01:53| ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

あけましておめでとうございます

撮影地・富士山。黒い影は管理人本人です。登ったんですってば。

新年明けましておめでとうございます。
今年もまたーりとよろしくお願いいたします。

お知らせの通り、年末は高熱を出してダウンしてましたが、チケットを入手済みだったが故に元旦国立へ強行出動したところ、帰宅後一通り祝い飯を食った後に軽くダウン。
新年早々先が思いやられます・・・


去年の新年一発目は酉年なのに「猿」にちなんだ場所にネタを求めに行くというボケをかましてました。
で、今年は犬山遊園?犬吠埼?・・とも考えましたけど。


遠い。以上。

というわけで、自分にしてはすごくまともです。
しかも普通に新年っぽいです。

なんか自分のサイトのような気がしません・・・

で、来年は亥年なわけですが、い、猪・・?
思いつかねえ・・

と、早くも364日後のネタに頭を悩ます前にやることあるだろといった感じですが、今年も生暖かくお見守り下さいませ。
posted by けい@かながわ2信 at 23:51| ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

年末のかながわ2信

12月中旬からパッタリと文字通り音信不通となった当サイトですが、管理人は神奈川方面にて隔離生活を送っています。

・・・この年の瀬に来て高熱出してダウン・・・orz

とりあえず12月をどう過ごしてたのかオレ的メモ。

・初旬・・身内が入院。その後約2週間平日は毎日病院通い。

・9日・・W杯の組合せが決まる。当たる相手と我が軍のバカ大将を鑑みるにつけ、1次突破はあまり考えないようにしよう・・と、とってもネガティブなオレ。

・10日・・日立台のチケ取れず。ネット中継でバレーのWハットに驚愕。ていうか、柏の醜態を見るにつけ、サッカーってのはつくづくチームスポーツなんだなと再確認。

・18日・・日産スタで「地球一決定戦」をゴール真裏から観戦。席代も高い(9000円)が、パンフが2800円とアホみたいに高い。日本人なめられてるぞ。そんなオレは知り合いから回ってきたパンフつきのチケでちょっとウマー。
試合はサプリサ11番の逆転弾丸FKを真裏で見られただけでおなかいっぱい。
あ、あと闖入者に捕まえるどころか追いかけることも出来なかった場内警備はグランド100周ね。
球映ってない・・弾丸FKなんですが・・闖入者悠々疾走

・24日・・埼玉へいざリベンジ!・・・のはずが、もQNのせいで惨敗。後半サンドバックにされる味方を見て惨めな思いを。今年もいろいろな敗戦を見届けてきたが、惨めさならこの試合が一番だ。寒かったし。
今日の勝たせてくれない何かは「もQN」のこと

・25日・・全日本女子サッカー@西が丘→有馬記念@中山競馬場という異種はしごを敢行。
<西が丘>ベレーザ、格が違う。個々の差がありすぎ。あと小林弥生の体の柔らかさに唖然。
女王澤180度開脚、胸べったりは当たり前の柔らかさ

<中山>目的はもちろんディープインパクト・・・が、2着にて終了。圧勝ではなく、かといって惨敗でもなく。ディープから枠連総流しで買ったら一応取るには取ったが、倍率低くてトータルマイナス。何より、ゴール後のあのどっちらけの空気が何とも言えず寂しさを演出。東中山駅への帰路はまさに「トボトボ」という擬態音がよく似合う。
どれがディープだったかよく分からなかったのは勿論秘密だ

※この辺りから風邪気味になる。

・29日・・国立の天皇杯準決勝へ参戦。結果的にこの試合が今年最後の生観戦に。実力差は歴然。サポの数も桁違い。でも、これでしか点が取れないという形(FK、パワープレー)で延長まで浦和を引きずり込んだ大宮のファイトに拍手。長谷部の60mドリブル弾にもびびったが。
何の日ですか?執念の同点弾

※帰宅後の深夜、悪寒と痙攣が体を襲い、年末は隔離生活へ・・


さて、そんなオレの年始の予定ですが・・・

・元旦・・天皇杯決勝(女子決勝も含む)参戦・・できるのか?
・2,3日・・当たり前のように早朝に起き、当たり前のようにテレビに張り付き、母校東洋大を応援する。そう、箱根駅伝だ!予選会ぶっちぎりトップの東洋、今年は有望な若手も多数出てきており、シード権は十分に狙える戦力がある。今年シード権を取って、来年はベスト5、再来年に優勝争い、できるといいな。


で、年賀状はいつ書くのだろう?

今年は最終的には計56試合生観戦できました。
来年はもうちょっとJ2とLを見に行きたいね。

今年もこんなサイトをご覧頂きありがとうございました。
来年も期待せず適当にのぞきに来て下さいな。
そんな感じで多分6年目くらいになるけどやってきますわ。
よいお年を!
posted by けい@かながわ2信 at 20:40| ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

東証逝っちゃった。富士通やっちゃった。

東証の鯖堕ちた(東証公式)
売買プログラムを作ったのは富士通だったのか・・(共同/高知新聞)

今日のオレの朝。
休みだったので市場が開くちょっと前に起きて気配値を確かめようと思ったら二度寝。
9時ちょうどくらいに再び起きて、こりゃいかん!とPCを立ち上げ、板を眺めてみたら、日経平均が昨日比プラマイ0%。
へー、珍しい日もあるもんだナー、と取引したい株の情報をチェックしてみたら、「システム停止」の表示。

なんだそりゃ?

とりあえず、2ちゃんねるに行ってみると、「凍傷逝っちゃった」とかいうスレが立ってるし。
それでいろいろネットを回って事態を把握した。

何か長引きそうだったんでまた寝ちゃいました。


この東証の失態に、投資家、特に外国人からの信用がどうのこうのっていう報道もあった。
テレビではデイトレ専業っぽいおばちゃんが儲けるチャンスを失ったとか大騒ぎしているのもあった。

でも、最近株は過熱気味なんでたまにはこんな日があったとしても楽しみましょうや。
休むも相場と言うし、相場だって休みたい日もあるということで。


・・・と呑気なことを言えるのは今日1時間半しか開かなかった市場でちょっぴり儲かったから・・
負けてたら、凍傷氏ね!とか言ってるんだろうなぁ。


心配なのは、富士通が大変なことになって、ていうか既になっているんだけど、会社の命運を左右する事態になって、あおりを食って川崎への資金が止められて、ジュニとか憲剛とか箕輪とか谷口とかが売り払われる事態になったらどーしよーということなんですが。
posted by けい@かながわ2信 at 04:09| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

「1getズザ〜」〜かな2的選挙へGO!企画

今日は珍しく早起きしてみた。
なぜって?
神奈川は今日は参院補選があるからだ!
善良な一市民は朝から投票しに行ったというわけだ。


……

6時40分、投票開始20分前、地元の投票所着。

誰も並んでねえ。
一番乗り確定。
係員がやってきて、投票葉書を確認して、開始後すぐ投票できるように準備しておく、と言う。

さ、寒い!
中に入れてくれ!<無理

待つこと10分、2番乗りのおばさんがやってくる。

7時の時報と共に投票所開場。
早速場内に入り、手続きをし、投票用紙に候補者の名前を書いて…


蓋の開けられた投票箱を手に、係員氏

〉では、投票箱の中が空かどうか確かめてください。



キ、キタ-------(゜∀゜)------!!!

いやね、一番乗りの特権、投票箱の改め、これをやりたかったのよ!

善良でもなんでもない、ただのキワモノ。


オレ
〉空っぽですね

の言葉を聞くと、投票箱は施錠され、オレが第一票を投じる。
そのまま帰宅。


以上。終わり。終わりですから!


・事前に調べた中には、2人で確認とか確認後に署名とかあったんだが。
・投票者側の確認はオレ一人。
・確認の署名はなし。寂しい…

・ていうか20分も前に来る必要なかった!
・正直、冬はおススメしない。

・この話を友人に、「1)朝早起きして投票してきた。」→「2)空っぽの投票箱を確認してみたかった」という順で話したら…
・一様に「1)すげえじゃん!」→「2)バカだ…(w」という反応。シクシク…


そういうわけで、神奈川県民よ、今日は投票日だ!天気もいいぞ!ディープインパクトの圧勝を見届けたら、お近くの投票所へGOだ!



posted by けい@かながわ2信 at 14:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年の正月も楽しみ楽しみ

箱根駅伝予選会、母校東洋大は見事1位通過!(日刊)

今日、立川の昭和記念公園にて来年正月2,3日に行われる箱根駅伝の予選会が開催され、我らが東洋大は予選1位で本戦へのチケットをゲット!
しかも、2位早稲田とは3分以上の差をつけての通過です。これも嬉しい。

思えば今年の正月は、ノーブレーキだけど地味に地味に沈んで13位という、いかにも東洋らしい潜水艦ぶりを発揮。
昨年の「花の2区・三行祭り」とはうってかわっての凋落ぶりを見せつけられ、正月早々暗く沈んだものでした。
まあ、主力がごっそり抜けた中でのレースだったからある程度は覚悟してましたけど、ね<負け惜しみ

今回は1,2年生中心のラインナップで予選会に挑んでのこの大差勝ち。
正月にもう一度ピークを合わせなければいけないというリスク要因こそあるけど、予選会組はみんな同じ条件だし、シード組がみんな正月にきっちりピークを合わせてこれると決まっているわけではないし。
仮にうまくピークが合わなくても、今回で経験を積んで、次回、次々会にさらに飛躍!という夢も描けるね。

いやあ、ちょっと期待しちゃってもいいんかな〜


なお、出場大学は以下の通りです。オレ用メモ。

シード=10)駒澤、日体、日大、中央、順天堂、東海、亜細亜、法政、中央学院、神奈川
予選会=9)東洋、早稲田、國學院、山梨学院、大東、城西、国士舘、明治、専修
他=1)学連選抜

なお、予選会ギリギリ通過の専修とそのすぐ下・拓殖との差はわずか43秒(修正タイム)。
また、関東学生対校選手権などから算出したアドバンテージタイムのおかげで、実時間では圏外10位の国士舘が6位へ。
posted by けい@かながわ2信 at 01:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

無反省のまま、政治報道は次の選挙へ・・・

自民圧勝から10日あまり。
選挙の後、新聞やテレビの報道からは、
国民は自民に投票してみたものの、あまりの勝ちっぷりに、自民に票を入れてよかったものかどうか困惑してる、
っていうような内容のことがチラホラ出ている。

総選挙の結果、自公合わせて3分の2以上の議席を占める絶対安定多数状態になったことで、今ややろうと思えば日本国軍だって復活させられる状態なわけだ。
そんな半端じゃない権力を与えちゃったことで不安が生じるのは、まあ当然でもあるし、或いは自公に投票した人達の自業自得というか。

そんな国民の困惑の様を、メディアは何喰わぬ顔して報道し、口を開かせれば「勝ったのは小泉式劇場選挙のおかげ」だとか「自民が勝ったのではない。小泉が勝った」などと、まさに後の祭り的なコメントを残すばかり。


しかしだな。
投票日のギリギリまで、やれ刺客だ、やれ郵政だと自民(ていうか小泉なんだけど)の思惑通りに刺激的なフレーズを次々に国民に投下し続けたのは誰だ?


まちがいなくマスコミだろ。


インターネット、特にブログの普及により個人の発言装置が爆発的に増えたとは言え、ネットは見ようと思わなければそのサイトにもたどりつかないが、従来型のマスメディアはいわば情報の垂れ流しであり、その全国民への影響力たるや、ネットの比ではない。 

そういう立場にあったマスメディアが、ただ面白おかしく選挙を扱ったことで、結果的には自民の狙った通りのイメージを植え付けていた責任はどうとってくれるのだろう?
いざというときは不偏不党って言って逃げるくせにね。

ちょっと冷静に考えれば、今の日本でどういう問題があって、それらについて選挙においてはどう取り扱うかってことは十分考えられたはず。
外交どうすんだ?年金どうすんだ?少子化どうすんだ?・・
問題は郵政民営化だけじゃないってことは明白だった。
でも、マスメディアがセンセーショナルに扱ったのは、選挙の上っ面だけ。

そんなマスコミが、選挙後は困惑している国民の様を報道してたし、自民大勝の分析もそれなりにやってた。
でも、国民が小泉に踊らされたって言うくらいで、あんまりメディアの文字は出てきた記憶はない。
自分らも自民大勝の結果に一枚かんでいるのに、事後はしれっとするこの無責任さ。

選挙前は無反省に浮かれ、選挙後も無反省、っていうんじゃ、日本のマスコミの政治報道なんてまた何年か遅れてしまうね。成長もなく、ね。
posted by けい@かながわ2信 at 00:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

例の白い腕輪、そんなの買うなら・・

今日本屋に行ったら、レジの横に最近流行のホワイトバンドが置いてあった。
よくわかんないけど、レギュラーサイズってのが売り切れらしくて、入荷は9月末だってさ。
すげー人気だな。

300円で貧しい人々が救え、その意思表示もおしゃれにできちゃう(例えばこんな記事)、っていうことで人気みたいなんだが。

そのまんま受け止めると確かに社会貢献、なんだろうが、
普通に考えるとバンド1個作るのに材料費だとか運搬費だとかそういうのがかかってくるのが当たり前なんで、少なくとも300円まるまる募金できるわけではないのは間違いない。

だったら。

単純に100円玉3個、信頼できる募金団体に募金する方がよくないかい?


あ、なんかそういうこと言っちゃいけないような空気が漂っているような・・

ちなみに、ホワイトバンドは偽善といった見方もあるようだ。
どれが真実かはちょっと分からんけど。
posted by けい@かながわ2信 at 23:55| 🌁| Comment(59) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

結果が全て。でも遠吠えさせて。

衆院選、終わってみれば自民党が300議席弱をゲットする地滑り的大勝利。
地方だけでなく都市でも強く、無党派層のハートもしっかり掴んだことで、この結果に。

うーん、何を言っても結果が全てでしょ。

通行人さんのカキコをちょっと拝借。

「今回の選挙は、投票率が近年まれに見るほど高かった。
そして、そこにおいて、小泉イズムが決定的な勝利を収めた。
小泉的な独裁政治を、小泉に郵政以外の政策を白紙委任する選択肢を、
国民は「自分の頭で考えた」すえに、「自分の意思で」選択したのです。
この現実から、目をそらさない方がいい。

よき敗者になれないものは、二度と勝利者にはなれない。」

まさに、その通りです。
小泉がどういう舞台装置を演出していて国民が踊らされたといっても、最終的にこんな結果をもたらした投票行動に及んだのは他でもない国民です。
しかも、高投票率なのにもかかわらず、自民が大勝利を得たことも、他でもない事実です。


自民の勝因、民主の敗因についていろいろな分析はあると思う。
現に新聞をはじめ各種メディアでは既にいろいろ報じられている。

オレは、この短期決戦の中で、メディア露出を最大限に利用し、攻めのイメージを強烈に有権者に植え付け、その好印象をそのまま投票所に持ち込ませた、巧みな小泉戦略の勝利だと思ってます。
内容の吟味は横に置いておいて、まずは「勝った者が強い」「数の論理」という至極現実的な結果を狙いにいった小泉の勝ちです。
(しかし、こんな見事な「強制解散→選挙で大勝利」なんて絵を描いて、実行し成功させたのは、小泉だけの考えなんだろうか?なんか超凄腕の参謀もいそうな気が・・・)

民主は、誠実に政策の中身(その内容がいいか悪いかは別として)を浸透させる岡田の理想は分からないでもないが、結局はこの選挙が数を取れるかどうかにかかっていたという現実に目が向いてなかった。

あと、これまでの選挙って、だいたいは「現状維持、保守の自民」対「悪政是正、改革したい野党」という対立構図が普通の状態だった。
でも、今回は本来野党が掲げるべき「改革」の旗を、あろうことか与党の自民が掲げてしまった。
すると、普段「改革」の旗しか上げたことがない野党は掲げる旗を失い、今回は何の旗を掲げるか分からなくなってしまった。
で、旗を捜しているうちに、城が崩されて敗走・・・って感じじゃないでしょうか。


これまでのエントリーで、「郵政民営化!」幻想に惑わされ、その裏を見られない有権者はバカだアホだ、って書いてきたわけだけど。
それをそのままこの結果に当てはめると、比例票ではあの小泉フィーバーの4年前よりさらに自民は票を上積みしたわけだから、ますます国民のアホバカ度は高まった、と帰結させるのが、このサイトの流れなんでしょう。

オレは、この小泉の郵政催眠術にはかからなかったと思っているし、現に自民に入れていない。
ただ一方で、小泉に抗えるような政策を野党が、特に政権を狙う民主が出せていたか、と言えば、これは出せてないという他ない。
オレは迷った挙げ句、小選挙区は民主(自民に当選させない為)、比例区は共産(政策や理念には賛同できる部分は一番多かった)という、自分で考えてもおかしなねじれ状態のまま投票しちゃいました。

散々吠えた挙げ句の果てがこのねじれだったわけだから、実感としていかに民主が対立軸として自立できていなかったことが感じられました。

二大政党時代への突入とは言うけれど、正直野党が二大に値するだけの魅力を出せてない状態では、この結果も致し方ない。

それに加えて、言葉通り国民を相手にした選挙では異常なほどの能力を持っていることが改めて証明されたヘッド・小泉のパワーが加われば、この歴史的大勝利もある意味すごく現実的。

「小泉的独裁政治に白紙委任状を託すことを自分の意志で選択したのは、他でもない日本国民である」という動かし難い現実は直視すべきだと思うのです。


ただ、負け犬の遠吠え的な理屈を書かせてもらえれば、勝ったのは小泉であって旧来の自民ではない、ってことも事実かと。
総裁任期が切れる来年9月に小泉内閣は終焉を迎える、と本人は言ってます。(どうなるか分かりませんが)
では、その後に小泉レベルのカリスマを持ち、派閥議員ではなく国民を支持勢力に持つような強烈なリーダーは?と考えれば、今の自民にはいないと思う。

また、今回の郵政総選挙は、奇襲といっても過言ではないでしょう。
野党陣営は混乱に陥ったまま、わけが分からないうちに兵を失ってしまった。
しかし、奇襲は1回きりだから奇襲なのであって、一度使った奇襲は二度は通じない、ということ。

まあ、これだけの頭数を手にした自民がそうそう解散なんかに応じるはずはないから、次の総選挙まで4年、この小泉白紙委任内閣+その後が横暴をかましても、国民は彼らを選んだ責任を全うしなければならない、んでしょうね。

しかし、一切自民に投票してない自分は、はっきり言ってその責任を負うなんてまっぴらゴメンなわけですが。
それこそ消費税10%化法案通過!とか憲法改定の上徴兵制復活!なんてことが通ったら、今回自民に入れた人だけでその苦しみを分け合ってくれって言いたいよ、ホントに。


ある程度予想通りだったとは言え、いざこうなると失望というか、閉塞感だけが胸に残るなぁ・・




しかし、岡田っていう人は近年希に見る選挙音痴ですな。
あんなのがリーダーだったら1万回やったって選挙には勝てない。<負け犬の香り、ムンムン
posted by けい@かながわ2信 at 01:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

生まれ変わったらしい期日前投票って、まだまだムダの塊っぽいような

投票、済ませてきました。
二十歳で選挙権を得て以来、今回も投票を済ませたことで投票皆勤状態は続行。
ま、選挙と投票の本質から言って当然って言えば当然か・・

で、投票日は明日なので、今日は期日前投票って制度に則って票を投じてきたのですが。

名前が変わったんで何か変わったのかと思いきや、あんまり変わった感じがしない・・・
違いがよく分からなかったのでとりあえず調べてみました。

期日前投票・不在者投票 (京都市選管)

違いというのは、主に投票行為時の事務的処理の簡素化だったんですね。知らなかった。
そういえば、前に不在者投票した時には、封筒があったかもしれない・・あんまり覚えてない。

てっきり、不在者投票する理由(投票日に仕事だとか、旅行だとか)の緩和かと思ってましたわ。
でも、あれは前の制度でも適当に理由付けして、宣誓書にレ点すれば実質問題なしだったし。
仕事でいけないから、って宣誓しても、選管が勤務先に連絡するなどして確認をとるなんてことはあり得ないからね。
ちなみに、今回も似たような理由のチェック条項がありました。

あと、うちの選挙区では、投票所が増えたような。
前は役所の1箇所だけだったが、今回は区内でもう1箇所増えてた・・かな。
ちょっと前回までを覚えてないんであやふやですが。

せっかく簡素化を図ったなら、投票所自体をもうちょっと増やしてくれればいいのになぁ。
客が多い駅前とか、土日限定で団地に出張とか。
本気で投票率を上げたいと考えているのであれば、何より投票の機会を増やすのが一番の特効薬だと思うな。

そうそう、今日行った期日前投票所には、数えてみたところ受付や立会人など合わせて15人の人がいました。
結構人を使うんだなぁ。これじゃ人件費がかかってしかたがなさそう。
後ろの方でただ座って、こっちが投票箱に票を入れたら「お疲れ様でした」というだけの人もいた。
あの人は何のためにいるんだろう?立会人とかいう奴かな?
座ってるだけだったらはっきりいって無駄。
日本人は穏やかな国民だから、あんなに人を使わなくても不正なんて防げると思うんだけどなぁ。
そこで割いた分の人員を投票所を増やすための要員に回して欲しいくらい。


投票の機会増ということで触れとくならば、あとはインターネット投票だけど、そもそも選挙活動におけるネットの活用がバカバカしくて笑っちゃうほどの制限を受けてる現状を考えると、当分先のことなんだろうなー

なかなか争点になりにくいが、年金や税制などこれだけ国民に身近なことが大きな問題になってきている以上、民意をより反映しやすくするために、より参加しやすい選挙制度への改革を訴える候補者がやっぱり出てきて欲しいねー

ま、組織票天国の日本選挙においては為政者にとっては、投票率の上昇が自分たちの首を絞めるってのが最大の障壁ではあると思うんだけどね。
posted by けい@かながわ2信 at 02:43| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

日本国民に「バカ」「アホ」のレッテルが貼られる瞬間

あと30時間もすれば投票が始まり、あと48時間もすれば大勢は判明していることでしょう。
時の流れとは速いものです。
結局、争点は郵政のみ!という郷土神奈川の恥さらし・小泉の口車に乗せられたまま、この総選挙は終わりそうです。

正直、このまま進んでしまうかと思うと悔しいね。

自分の任期、つまり責任を持てる期間はあと1年と明言している首相。<代議士の任期は4年だ!

将来本当に払われるかどうか分からない年金、いい加減アメリカの腰巾着は勘弁して欲しいイラク派兵問題、ついに人口減に転じ文字通り少子化が加速している育児・教育・・・

いっぱいテーマはあるのに、郵政民営化すればこの国の全てが解決するみたいな言い方をする自民党。

ところが、世論調査によればどうもそのちんけなセールストークにコロリと騙されそうな人が多数、ていうかこのままじゃ過半数を取りそうな勢いだと。

悪徳商法を生業とするみなさ〜ん、今が高級布団や壺、浄水器を売りつけるチャンスですよ〜


もうね、ホント、この国の人達はバカかアホかと。

オレは別に野党の回し者ではないが、国政が良くならない、市民に政治が届かない現状が生まれてこの方ずーっと続いているわけだから、政権政党、つまり自公には責任取って一旦与党の座から降りて欲しいわけだよ。
例えば民主が政権を奪ったとして、それで確実に良くなるかなんて分からないわけだが、少なくとも自公が引き続き政権の座にいて良くなるとは到底思えない。
それは、過去の実績からして推測できるから。

もう、馴れ合いと老害と田舎臭い政治には飽き飽きだ!



だから、頼むから有権者は各々に必ず付いている自分の脳味噌で物事を考えて票を投じて欲しいんだ。

投票箱はバカどものゴミ箱じゃねーんだ!



ところで、なんか法律によると、ブログにこういう選挙に関する記事をアップすると、解釈次第では下手すると後ろに手が回っちゃうらしい。(→こちら
ま、捕まえられるものなら捕まえてみやがれってんだ。
どこかでブロガーが捕まれば、話題になり、論議が巻き起こり、必ずそこが政治と選挙とネットが結びつくスタート地点になるはずだからね。
posted by けい@かながわ2信 at 03:20| ☔| Comment(5) | TrackBack(7) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

思考停止者の投票

来週は早くも投票日です。
つーか、今は不在者投票って言葉は使わないのね・・・

新聞を読んでたら、自民の公明との選挙協力の記事で、
「もし自民の候補に投票するよう指示が降りてくれば、3日もあれば会員?にその指示を行き渡らせられる」
っていうような感じの公明党地区幹部のコメントがあったわけだよ。

ものすごい組織力だなー、さすが規模と組織の堅さだけなら日本一の創価学会だけはある。
(まあ、公明と創価学会は一応別物らしいですが。政教分離の原則に反してしまうからね。ん、まさに形だけ)

しかしだな、毎度思うことがある。

公明がある程度頭数を揃えられるのは、何より絶対裏切らない下々の学会員による投票の賜物なんでしょう。
てことは、つまりは上から指示が来れば、何も考えず疑問を持たず機械的に候補者の名前を書いて投票箱へポイって感じなんだろうな。

なんか想像するだけで、ゾッとするような光景が。
う〜、さぶさぶ。


いやね、その候補者がもう最高で絶対でっていうなら別にいいんだけど。

今度のは、ひょっとすると「自民に票を入れろ」という指示が来るわけでしょう。
それでも何も考えないで入れるのかなと。
何も考えないのは楽だけどさ、確かに。

単純につまんなくないのかな?


まあ、そういうのは何も創価学会に限らず、労組だとか業界団体だとか、いわゆる組織票というもの全般にわたって、同じような気持ち悪さを感じるわけだ。
しかも投票率が低ければ低いほど、このような組織票生産団体、言い換えれば思考停止者集団の力が発揮される

選挙って、一人一人が今までのこととか未来のこととかきちんと考えて、その結果が投票って行為なんだからこそ、一見個人の一票は小さいけれど尊いものなんだよって言われるわけじゃんか。建前は。
だけど、実際は、特に為政者にとっては、思考が停止されてるイエスマンが多ければ多いほどやりやすいわけで、一票の尊さは軽ければ軽い方がいいはずだ。

一票への思いは人それぞれだから何かを強要しようとも思わないが、いい加減国も倒産しそうなんだし、戦争にも巻き込まれちゃいそうなんだし、ちょっと頭働かせてみませんかね?


前回のエントリーと大差ない論旨ですが、為政者には日本国民はバカばっかりってきっと思われてるだろうから、ちょっと見返してやりたいって思うんだよね。
posted by けい@かながわ2信 at 03:30| ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

総選挙、その投票動向は国のおバカさん度を測る?

小泉シェフの気まぐれ解散で始まった今回の総選挙、今日の公示で正式にドッグファイトスタート。

今のまんまだと、多分小泉軍が勝って「小泉さんの言う通り〜」という情勢になるんじゃないかとオイラは予想。あくまでも今のままなら。

なぜって、これほどマスコミを上手くのせたイメージ戦略もないだろうに。

争点は何?と聞かれたら、「郵政民営化!」と勢いよく答える人が多分多いでしょう。
なんでも小泉論理では、「郵政民営化→でかい新民営会社が法人税を払う→官はスリムに、財政も入る金が増えて(゚Д゚)ウマー」って感じらしいが。
郵政民営化が遂行されれば国の全てが救われる、くらいの勢いだ。

しかし、ちょっと待てい。
仮に郵便局を解体すれば国があっという間にハッピーになるというなら、そもそも今の郵政体制はないだろうに。
郵政ってのは国が持つ様々な機能のうちの一要素に過ぎなくて、それが国のメインディッシュってのは大きな間違いだろうよ。

民間が出来ることは民間にやらせればいいし、ただでさえ国は大赤字で、国家という形でなければとっくに倒産してるような状況下では無駄を削ることは正論だ。
最近知ったが、ヤマトのメール便は普通の封筒なら50円だってね。(但し、信書は不可らしいが・・て、どこでチェックするのだろう?)

だから、炎上中の日本って国の火を消すべく、あちこちにある炎上の要素を削り続けるのが改革のあるべき姿。
従って、アピールすべきは郵政に限らず、税金だったり年金だったり道路行政だったり自衛隊だったりetc、とにかく多岐に渡るはず。
そしてそれらをトータルにまとめてプランニングしないとこの先の地図は描けない。

が、ジェネラル小泉はひたすら郵政郵政とがなるばかり。
それが通っちゃえば後は来年9月までの任期を全うしてハイさようならっていうんだから、それは無責任な話。
地図は100メートル先で途切れてる。

が、それでも小泉軍が勝つと考えるには理由がある。
それは、貧弱なるマスコミの存在。これに限る。

ちょっと冷静に見渡せば、争点は郵政民営化に限らないことは明白。
しかし、TVニュースを見てみたらどうだろう?新聞のトップを見てみたらどうだろう?
毎日ゲップが出るほど「郵政にYES?NO?」という文言を聞かされまくってると感じませんか?

テレビをつければ、新聞を開けば、ひたすら並ぶ「郵政」の文字と響き。
あれだけ垂れ流されたら、今回の選挙はほんと郵政にYESかNOかで誰に入れるか決める人が続出すると思うよ。
つまり、マスコミは小泉軍の宣伝塔と化している。

マスコミって、様々な政治的事象をきちんと検証してそれを流すことが仕事であって、政権党の宣伝をすることは仕事ではないでしょうが。
まあ、検証した結果、今回の争点は郵政以外あり得ないというなら話は別だが、そうじゃないことは自明の理でしょうが。

しかしだね、どんなに誤っていようが、数を制した者が国会を制するのだよ。
この短期決戦の中で、今のところはジェネラル小泉の思惑通り、国民は郵政、郵政の催眠術に踊らされてる。
催眠術から目が覚めた頃にはもうお月見だ。

だいたい、勝てる見込みがなければ解散などという権力を手放すリスクを敢えて背負おうなんて考えないだろ。
解散しても造反議員の首を飛ばしても、尚勝利する見込みがあり、逆に足場をしっかり固められると踏んだからこそ、今こうして総選挙になったんでしょうが。

毎度毎度思うけど、今回は更に強く思う。
これだけ為政者の掌で踊らされて、それに気づかないまま投票に臨むなんて、背中に「ボクちゃんはバカでしゅよ」って書かれた紙を貼らされたまま町を歩くに等しい、って思うよ。
ほんと、今回はちゃんと情報を得て、ちゃんと考えて投票しないとやばいよ。

9/11夜、オレはジェネラル小泉に「やっぱここの国民はバカばっかり」って思われたくないさ。
posted by けい@かながわ2信 at 00:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

堂々完結

6月21日のエントリーでこんなことを書いたんですが、昨日ついに物語が完結!
冬から毎日毎日ストーリーを描き続けてきた作者の21さん、禿しく乙であります!

で、まとめサイトはこちら



とりあえず読んどけ。


頭の中で鮮明に浮かび上がるプレーシーン、鳥肌が立つようなストーリー。
いやでも、ここで語っても仕方ないんで、サッカー大好きなそこのキミキミ、まずはほんと読んでください、いやマジで。
話はそれからだ。

あーあ、リアル日本代表にもこんな奴がいたらねえ・・・

そして。
毎日の楽しみがひとつ消えてしまった・・
posted by けい@かながわ2信 at 21:18| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

また鉄分が濃い話を

京急の旧型電車京急旧1000型

先日の銀座での鉄道模型ショーに続いて、今度は上大岡京急での京急模型電車大運転会を見に行ってきました。(9日で終了)
さすがローカルイベントだけあってか、客足少なめ。
ていうか、人が乗れるプラレールとかガキのたまり場キッズスペースがあって、半分以上が子供とその母親。
それから鉄分取りすぎの人。何とも不思議な光景でしたな。

京急主催だけあって、レイアウトも京急の沿線風景がメイン。
写真の川崎大師や上大岡京急百貨店の他、羽田空港とか品川界隈、横浜駅西口とか工場地帯とか。
ちょっと作り込みが甘いのが残念。
川崎大師上大岡駅

しかし、銀座の模型ショーでもあったが、Nゲージ車両にカメラと無線装置を積んで、その映像をモニタに映し出しながら運転できる装置、まさに半リアル電車でGO!なんてのが開発されちゃってるのを見ると、なんかすげー歳喰ったなーって実感しちゃいますわ。
でも欲しいなぁ、N用車載カメラシステム。
リアル電車でGO


そんな所でのほほんとしてたころ、永田町方面ではとっくに万歳三唱されてたようです。
また政治家が票欲しさに心にもないおべっかを使う季節がやって参りました。
何が国民皆様の為だ!結局はてめーの保身の為だろー!って候補が夏の暑さと共にウジ虫のように沸いて出てくる。いやですねぇ。
国会議員も報酬を三流サラリーマン以下にしたらどうでしょう?
無駄な経費を節減できるし、低報酬であっても国の為に身を捧げたいとあらばもっと高潔な政治家が多数出てくる気もするんですが。

・・無理だろうなぁ。
今の自身を殺すような法律なんてできやしないもの。
posted by けい@かながわ2信 at 00:42| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

かながわ2信、最近の動向

ブログさぼり中のオレ的ダイジェスト。

7/23 市原臨海へ遠征。

京葉臨海キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
着くなり、京葉臨海のディーゼルキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!と喜んでいたら、千葉北西部を震源とする最大震度5強の地震発生。
開門前に着いていた上、当日夜は現地泊のオレは勝ち組。<交通マヒに巻き込まれた方、すんません

まさか、数日後に代表になるとは
今をときめく代表FWに決められてorz・・・

一人で食ったわけではありません
帰りも川サポなどいろんな人が右往左往してる間、お疲れ会で花瓶に盛られた花火つきパフェを食ってまたーり。


7/24 富津で潮干狩り。


あさりに群がる人の群れ
人生初潮干狩り。
あさりは獲れまくるが、ハマグリがなかなか獲れず、危うく「ハマグリ師匠」になりかける。

お約束の地
帰りはお約束のように、海ほたるへ。
アクアライン超速。湾岸線で東京をぐるりと回るのがバカバカしくなる。
高いのが玉にきずだらけだが。


7/28 鉄道模型ショーに行く。

ゴハチ+旧客脚は気にしない

電車男ですが何か?<違
20年前から行ってますが、技術の進歩は凄いなぁ。
と同時に値段も高くなって、子供のおもちゃにはもったいないぜよ。
文化の香りが漂う大人のホビーだね。


7/30 友達の結婚披露宴に出る。

心の隅でKAZU見てーと思っていたのはもちろん秘密だ。



とりあえず目立ったことといえばこんな感じですかね。
ブログ化して丸1年経ったらすごくグダグダになってきましたが、これからもぼちぼちやってきますわ。よろしく!
posted by けい@かながわ2信 at 03:38| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

遅れてきたマイヤヒ

今日、夕飯をフツーに食ってたら「Mステ」でマイヤヒが流れてきてびっくらこいた。

なんかSMAPの番組かなんかで取り上げられてたらしくて、6月くらいから一気にメジャー化した、らしい。
で、ついに本人達が来日するとは・・・しかし2人しかいなかったような。

この歌が広まった経緯はこちらが詳しいが、
要は2年くらい前に東欧の小国・モルドバでオゾンが出してルーマニアでヒットしてた曲が、イタリアでハイドゥッチという女性を歌手としてパクられてこれまたヒット。
ついには、本家もパクリ版も欧州を席巻したところに、今度は日本で、しかもねらーにより空耳化されたFLASHで昨秋ちょい地下で大流行。
ついにはSMAPに拾われて一般ピーポーにも知れ渡った次第、ということかな。
(ちょうどその流行に乗って書いた記事がこちら

それにしても、Mステで彼らが歌うバックに流れてた映像が、まんまねらーによるFLASH(でもあのver.で2番なんてあったかな?)。
大ヒットを連発する電車男といい、モナーが普通に表舞台に立つシーンを見続けると、かえって今の方がねらーであることを自覚して思わず赤面しちゃうわけだ。
いつからそんなに市民権を得たんだ・・・

でもアナウンサー曰く、モナーは「かわいいキャラクター」なもんで、分かってるんだか分かってないんだか・・
とりあえずなんか分からんが気恥ずかしいことは間違いがない。

ちなみにMステで流れたFLASH、やばい映像はかなりカットしてたな。
もっと面白い方のFLASHはやばい映像が多すぎてあれは流せません。


まとめサイトはこちら
posted by けい@かながわ2信 at 00:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

今日俺が一人で近所の公園でリフティングをしてたら


この表題の小説を皆さんご存じ?
もっとも本屋には売ってないんだがね。

読めるのはこれらのところから。

今日俺が一人で近所の公園でリフティングをしてたら

で、そのまとめサイトが次の2つ。
http://web1.nazca.co.jp/hp/monica1/index.html
http://monica.jog.buttobi.net/index.html


要するに2ちゃんねるから発生したサッカー小説なんだけど、これが面白い。
オイラは今日初めて見つけて最初からチェックしたが、一気に読破しちゃいました。

発端は今年1月に誰かが書いたひとつのカキコから。
初めは数多く乱立する駄スレのひとつと思われ、まともに相手をする人はいなかったようです。
しかし、煽りやゴミレスをよそに書き進められていく物語に、朝起きたら必ずこのスレをチェックする!と言うようなファンがつくなど、人々は魅せられていったのでした。


「いきなり2人組の外人が俺のボールをかっさらって
「カモン、ボーイ」
と言って、笑いながら手でチョイチョイってやった。」

という文で扉が開かれるこのお話は、埼玉の高校に通う主人公のMFが女子高生と出会ったところから始まります。
偶然出会ったその女子高校生は日本人とアメリカ人のハーフ、しかもまるで小野伸二をイメージさせるような超絶テクニックを誇るサッカー少女でした。
そして彼女は彼が通う高校に転入し、彼がプレーするサッカー部に入部してきたのでした。

一方で同じ頃、サッカー協会では日本U-20代表を率いる監督・小熊が中盤の人材難に頭を悩ませていました。

主人公のMF樋口広樹と超高校級女子高生・モニカ、そしてU-20の小熊監督。
この3人は、2月9日に北朝鮮戦を控えた日本A代表と樋口とモニカがいる地元公立高校とのトレーニングマッチにて運命が交わり、やがて大きく飛躍していくこととなります。


この物語の面白さは2点あるでしょう。
ひとつは、少女との出会いを機に始まる一サッカー小僧の急成長と心の移り変わり。
もうひとつは、丹念に描かれていく様々なサッカーシーンのリアルさ。
後者の描写は、サッカーファンなら必ずや感嘆するでしょう。作者の造詣の深さを感じさせられます。

今も進行中(ただし、今日現在は少しお休み中。じきに再開予定)のこの物語、続編が楽しみでしかたがない!
サッカーファン、特に今開催中のワールドユースに興味がある人にはおすすめ!
posted by けい@かながわ2信 at 02:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

Netskyキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

って、ワームなんですけどね。来るな!

23日頃からアンチウィルスソフトが反応しまくりまして。
警告されるメールがことごとくNetsky-Pというお友達を連れてやって来てた模様。
まあ、ワームに出す粗茶すらないんですがうちには。

調べてみたら、去年3月頃に発見されたということ。
それが、なぜか今月21日頃から急激に増殖しているようですよ、皆さん。
  ※詳細はこちら(トレンドマイクロ社)

うちの場合、友人から送られてきたのが一番目だったんだけど、なぜか今は使われてないメアドから来たんで怪しさ満点。
速攻で削除しちゃったんで、実際はどこが発信源だかよく分からない。
偽装されている発信元ドメインには、関西方面のボーダフォンだったりauだったり、中には白馬五竜観光協会などという縁もゆかりもない所からのがあったりと、もうなにがなんだか。

とりあえず怪しいメールは開かないでポイ。基本ですね。
皆さんも注意されたし。
posted by けい@かながわ2信 at 00:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

オレはいつだってイケメソ

2ちゃんで拾ってきた小ネタ


956 名前:U-名無しさん[sage] 投稿日:05/03/09 21:19:45 ID:lHdPXiv/0
画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア
画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア
../⌒ヽ                    /⌒ヽ
( ^ω^)                  ( ^ω^)
アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画
アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画
                       ../ ⌒\
                       (^ω^ )
企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画
企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画
./ ⌒\                       /⌒ヽ
(^ω^ )                     ( ^ω^)
画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企
画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企画アリマ企
        / ⌒\
       (^ω^ )
企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画
企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画企マリア画

斜めに見えないか?


見える!
普通にすげーぞ!

こういうのを、科学的には「錯覚」と言うんだよね、確か。
そういうわけで、記事タイトルも「錯覚」だな。


自爆・・・orz
posted by けい@かながわ2信 at 02:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。